ID非公開

2020/10/19 23:50

44回答

イエズス会ってなんですか?

世界史 | 日本史123閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

バカにはむずかった…

お礼日時:10/21 1:15

その他の回答(3件)

1

ごくごく簡単に。 キリスト教 カトリック(旧教) → ローマ法王がキリスト様の代理であり窓口だ。 → ローマ法王が絶対だ。 → 法王に寄付しろ。寄付すりゃ良いことあるぞ。 → 法王と会いたければ他の人間にもお金寄こせ。 (汚職の横行) → さて野蛮な文化が遅れた国に布教しよう。 → まず野蛮国の庶民に布教して法王に従わせよう! → その庶民を利用して植民地にしてしまおう! → 野蛮な国の人間は侵略してもいいよな。 → だって正しい僕らが教育してあげるんだから。 (植民地支配への協力) うーむ。カトリックは本当にキリスト様の教えを実行しているのだろうか。いや違う。法王なんていらん。キリスト様は個人の心の中にあるんだ! ↓ プロテスタント(新教)の普及 カトリックの一部の人々。 ↓ うーん。今のままでいいのだろうか。汚職が横行しては信者も減ってくるしヤバイいんじゃね? このままだったらプロテスタントに人が流れて行っちゃうな。ちょっと反省して組織を直していこうよ。そしてまた信者を増やしていこう。 ↓ イエズス会(男子修道会)の設立 ↓ このイエズス会で汚職などは減少し庶民の信用を取り戻す。 ↓ やっぱりちゃんとすれば信用は取り戻せるよ。やっぱり僕らは正しいね。各国と協力して世界にこのカトリックを広めていこう。植民地化は正しいことだよね。だって僕ら野蛮人に正しいことを教えてあげてるんだから。 ↓ 結局イエズス会をはじめとするカトリックは、スペイン・ポルトガルと言った列強各国に協力し、世界の植民地化政策に積極的に関与していきます。 ↓ 織田信長が世に出る前に日本にも来日し、信長はイエズス会を通じていろいろな情報を得たりしています。一説には武器や弾薬なども調達したのでは(史料はない)とも言われています。 ↓ 徳川の世となり、日本はこのカトリックの考えを危険視(将軍よりローマ法王が偉い、となったら大問題)し、最終的に徳川幕府はカトリックを禁止し、プロテスタントの国・オランダとの交流だけを認めました。これを一般的に鎖国と習います。

1人がナイス!しています

あ、もちろん現在のカトリック、イエズス会はきちんとしていますよ。過去の植民地政策へ関わったことも認め反省しています。念のため。

0

じゃあね、「宗教改革」を知ってますか?16世紀ごろにルターとかカルヴァンとかいう人達が「今のキリスト教会のやり方じゃダメだ」と新しいキリスト教を興した運動です。それを新教(プロテスタント)と言います。 それで昔からのキリスト教を旧教(カトリック)と呼びます。カトリックで一番偉いのがローマ教皇です。 それで宗教改革の波はヨーロッパ北部で特に大きく起こり、カトリック側はそれに脅威を感じるようになりました。 そこでカトリック側にもそれまでの傲慢で腐敗した態度を反省し、カトリックを建て直そうという動きが生まれます。 その中の一つでかつ重要なのが「イエズス会」の設立です。 彼らの目的はカトリックの教義をまた広く普及させることです。 中心人物は軍人出身のイグナティウス・ロヨラで彼は軍隊的で厳正な規律の下に、世界中を視野に入れた布教活動を目指します。新大陸やアジアにカトリックの宣教師(イエズス会士)を送り込みます。 そのロヨラの盟友が日本でも有名なフランシスコ・ザビエルです。ザビエルも布教するために遠路はるばるアジアまでやってきて、日本の存在を知り日本にもキリスト教(カトリック)を広めようとしたわけです。 イエズス会の活躍でカトリック側も巻き返しに成功しました。

0

カトリックの布教を目的に設立された修道会 現在カトリックの最大勢力で、現教皇フランシスコもイエズス会出身です。 日本では、上智大学の設立母体です。