ID非公開

2020/10/20 13:17

22回答

給与所得者の基礎控除申告書兼給与所得者の配偶者控除等申告書兼所得金額調整控除申告書について質問させてください。

税金933閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/24 12:38

回答ありがとうございます。副業はしていませんが全員提出とあります。私は(A)です。ギリギリではありません。収入と所得は前年度と殆ど変わらないので令和元年の源泉徴収票を元に書いても大丈夫でしょうか?11月と12月の見込みなんて残業や緊急の休日出勤もあるので正確な数字を割り出せないです。 だからと言って適当に書いて税金が上がるのでないかと心配になります。

その他の回答(1件)

1

ID非公開

2020/10/20 13:32

だったら合計所得金額500万(正規社員の平均給与)、基礎控除の額48万、区分ⅠはAと書いて提出すれば間違いない。 年末調整対象者のうち給与所得以外の所得が最低でも400万ないと基礎控除の額は48万以外にならない。 給与収入が2000万よりもはるかに少ない場合は、給与所得以外の所得も400万よりももっと多くないと基礎控除は48万以外にならない。 要するに、あなたが記入を悩んでいる個所は中小企業の社長、大企業の支店長以上、外資系エリートサラリーマンをしながら不動産オーナーであったり、不動産売買で利益を上げたなど富裕層しか影響しないと考えた方がいい。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/20 13:38

回答ありがとうございます。重要なのは区分と基礎控訴の額の記入欄なのは理解していたのですが計算がややこしくて。大凡の計算でいいのなら源泉徴収票を参考に記入してみます。