ID非公開

2020/10/20 16:53

77回答

気功をやっている人によると 「気」は霊と関係するとか 宇宙のエネルギーだとか言ってますが

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

確かに自立訓練的な効果とプラシーボ効果はあるのでしょうが 実体がない気を存在するといっている時点でインチキ詐欺ですね。

お礼日時:10/30 5:14

その他の回答(6件)

0

生命体というものはエネルギーです。 地球上の動植物が生きられているのも、エネルギーのおかげです。 我々が生きていられるのは、食べ物を食べて、それを消化し、栄養を吸収して血や肉を作り、心臓を動かし、血液が流れ、呼吸をしているから生きていられるのではないのです。 もっと深く掘り下げて考えれば 心臓を動かしたり、血液を流すそのエネルギーの基というものがなければ、我々の命は作動しないのです。その命の「基」となるエネルギーこそが、宇宙エネルギーなのです。つまり、太陽が燃えていることと、人間が生きていられることは=なのです。人間が意識を持つことも、エネルギーが生み出す力なのです。それよって、自律訓練法も成り立つという仕組みがあるのです。人間が勝手に宇宙を概念に入れているのではなく、宇宙があるからこそ人間は生まれ生かされているのです。

つまり、宇宙エネルギーのことを、気功では「気」と表現しているだけなのです。私の答えに疑問が生じても、賛同して頂いても、その意識を生む力は、どちらにせよ、それがエネルギーなのです。

1

自分の身体を、実験台に 気を練る所から 気功やってみると良いかも。 今は独習できるほど本出てるし。 私事で申し訳無いですが やって見たら、 健康法の1つだったよ。 少しだけカンが鋭く なったり 寝てる時の夢が、少しだけ はっきり 色が、生き生き して来ただけだね。 瞑想は、幼稚園お泊り会より 生命双修法(気功)は 80年代前半から行ってる。 気功は、健康に良い体操みたいな物と 軽ーく考えとこ。

1人がナイス!しています

1

電磁波という波が伝わるのは、 宇宙全体が、ゼリーで固められている ようなものなので、そのゼリーに 相当するものが、人間には感知できない、 エーテルという、宇宙誕生前に存在していた 海水に相当するものだと考えます。 なので気という波が細胞に振動として 伝えるので、気のエネルギーは存在していると 想像します。 気功をされる人のほとんどは、エーテルの存在など 知らなくても効果として結果として出るので、 あると感じているのかもしれません。 慣性の法則などが体感できるのも、そのゼリーの ような存在が、プルンと振動するように遅れて 発生していると想像します。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

0

波動とは、エネルギーは波の形態をしているということですが、 気もその一つと言うことでしょう。 測定器で測定できないものがあることを認識してください。 私はオーディオ趣味なのですが、音の良し悪しは測定器では分からないことが多いです。

ID非公開

質問者

2020/10/20 17:25

何で測定も出来ないものが波動だとわかるのですか?