戦争直後、富裕層はどんなご飯を食べていたのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いやー戦争中でも贅沢な暮らししていたんですね一握りの人たちは。 ありがとうございます!

お礼日時:10/26 22:42

その他の回答(6件)

0

戦後ハイパーインフレで富裕層には、膨大な税がかけられた。財産税と言う。 所有財産の90%というような税率。 かつ預金封鎖がされお金を降ろすに制限額もあった。また地主は超安い価格で土地を取り上げられて。 これらの政策が日本の復興を早めた。戦争で生産体制が壊れていた、そこに戦争復員者が大量に帰国。ものの需要が増え生産力がないのだから、コロナ初期のマスク不足と同じことが、食料品生活必需品全般に起きた。 ハイパーインフレと言う。 だからあなたが想像してるような状態の人は「ほとんど」いなかった。 富裕層じゃない悪辣な人の方がいいもの食っていたと思う。闇市やって儲けてた人たち。 物資不足だから金があっても買えない。こういう状態をハイパーインフレと言うのだ。 富裕層は上流階級だから闇市にいかないし。

1

財閥解体で時流に乗れないで没落した人が多かった。 戦後のほうが食料が不足したので、貧富の差がすくなくなった。

1人がナイス!しています

0

ご心配ですね。北大路魯山人は良いもの食べてました。

1

富裕層は戦争なんか関係なく普通の食事してました

1人がナイス!しています