囲碁のプロ試験で成人している人が受かった例ってありますか?

将棋、囲碁59閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

日本棋院と関西棋院の2つあり 日本棋院でプロになる方法は二つあります。 一つは「院生」と言うプロ養成機関に入ることです。 この院生に居られる機関は高校2年生までで、それまでにプロになれなければ卒業しなければなりません。 もう一つのなる方法は「外来」です。 こちらは22歳まで受験資格があります。 院生の時にプロになれなかった人などが外来として受験しに来るので結局レベルは変わりません。 なので22歳までは実力があればプロになれると言うことです。

1

囲碁のプロになるには「日本棋院」か「関西棋院」で プロ初段を取らなければいけませんが、 日本棋院の場合、院生というプロ養成所で修業をして 1部リーグのトップに上がり、そこで入段試験で勝ち越さなければ 行けません。 この院生が、確か9歳~16歳ぐらいまでの年齢制限があり さらに、院生として2~3年しか居られなかったと思います (外国人は特例で年齢を超えていてもOK) なので、日本棋院の所属の場合 基本的には成人では 受ける資格がありません。 ただ、関西棋院の場合は確かプロテストてきなものがあり 例えば坂井八段は医大の学生時代に プロ棋士になったと思います。

1人がナイス!しています