ID非公開

2020/10/20 23:50

77回答

キヤノンのEFレンズやEOSが次々と販売終了または在庫僅少になっています。もう一眼レフは終わりの始まりですか。 以下、ヨドバシで販売終了。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。

お礼日時:10/22 16:32

その他の回答(6件)

0

EF20mm F2.8 USM EF100mm F2 USM 長い間お疲れ様と言いたいですね。 後継を望んでいましたが残念です。 EF24-70mm F4L IS USM 便利な24-105mmF4LIS USMと 差別化が難しいレンズでした。 ただキヤノンとしては良心的な価格のLレンズ で寄れる標準ズームは、RFでも期待したいですね。 カメラ7D2、5D4は通常ローテーションで 引退でしょう。5D4はともかく、7D2は 後継を期待したいところでしたが、 これがすなわち、EOS一眼レフ、EFマウントの 消滅につながるとは思いませんが、 正直、通常の撮影でミラーレスを不自由を 感じない現在では、しょうがない事でしょうね。 さけられませんね。

0

キャノンイオスキスМ-2が来月新発売されますよ。 という事は時代は大きくミラーレスに向かっているという事ですよ。 そしてcannonりポリシーが見えて来ました。 ミラーレスAPSーCサイズはEFМマウント機種という事でしょう。 そしてミラーレスフルサイズはRマウントという事です。 勿論プロ写真家は案外保守的で直ぐにキャノンイオス1DXMARKⅢは暫くは使われ続けると思います。 ニコンのD6を最近投入していますかすらね。 総合的には考えてもデジタルフルサイズ一眼レフは当分の間は無くなりませんよ。 ただ機種数は若干整理されるとは思いますが反対にミラーレスは増える傾向ですかね。

0

来週の月曜日に3Q決算が発表されます. その中で、カメラ事業についてどういった言及がなされるのかで、 企業としての進路がある程度見えてくると思います.

0

キヤノン固有の問題です。 もともとあっさり旧製品を切り捨てる会社だということは、FDレンズの時に分かってたじゃないですか。世の中には最近までMFレンズを売ってたような会社だってあるのに、わざわざキヤノンのような薄情な会社の製品を選んだ消費者が無知すぎたのです。

0

キヤノン固有の問題です。 Yahooニュースにも、同社の株価は、「1999年12月以来となる、実に約21年ぶりの安値を付けている。」と書いてあります。 https://news.yahoo.co.jp/articles/09e63547815983e9228a3d7c9028af08728fe67e?page=2 御手洗会長が3度目の社長復帰で頑張って居られますので、皆さん人柱になってあげて下さい。