ID非公開

2020/10/21 0:45

1717回答

キャンプ場で薪割りをすることってほとんどないのでしょうか?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(16件)

0

着火の為の薪割りはします ナイフで割ってフェザースティックです でも着火したら買ったままの薪を投入します だからよく見掛ける、延々と薪割りをしている光景はあり得ないですね 細めの薪2本分もあれば十分です

1

それぞれ あくまで 手間を楽しむもの こうすべきは一切ないんですよ むしろナイフじゃないと とか 斧じゃないと とか 「こうじゃないと」ということ自体 楽しむキャンプにおいては間違いです。 日常の作業ならいざ知らず。

1人がナイス!しています

2

薪は使いやすい大きさで売っているもので丸太のまま入手するのは難しいです。 でも小さい焚火などで さらに小さく割りたいなんてこともあるでしょう。 ソロキャンなら焚火も小さいので・・・ ブームですけどソロキャンとか要するに暇つぶしで何かやることないと間が持たないので わざと面倒なことをして時間使うって感じです。

2人がナイス!しています

0

グループキャンプ等ですと、 ”火“を待っている人がいますから、 着火材やバーナーで一気に着火してしまいます。 そんな時の火は大きく、 着火のプロセスは楽しむものではありません。 でも特にソロだと着火は義務ではなく楽しみのひとつです。 焚き火と言っても火は小さく、 市販の薪では太過ぎますし長過ぎです。 なので好みの薪を作る過程を楽しみに変えてしまいます。 これが薪割りやバトニングです。 もちろん焚き火そのものがキャンプの義務ではありませんから、 やらなくても恥じる必要はないのです。 バトニングすればYouTube映えしますから、 それが目的でやっても構いません。 周囲に迷惑を掛けなければ何をやろうと自由、 それもキャンプの魅力のひとつです。

0

私の場合は自宅から持ち込むので現地で割る事はありません。 現地で買うとしても、一般的なレジャー施設としてのキャンプ場であれば、そのままできるように準備されています。 たまに野営に近いスタイルのキャンプ場では割る必要がある所もありますね。 ですがまあ、その様な所へ行く方は最初からその辺は準備されるでしょう。