ID非公開

2020/10/21 21:42

44回答

ラフロイグについて。 先日飲み屋さんでラフロイグ10年というウイスキーをロックで飲みました。

お酒、ドリンク103閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/10/25 23:00

ペントランド・フレーバーホイール!これぞ私が求めていたものです!ワインと同じでネガティブな表現が入るのも面白いですね。ホイール見ていると飲んだウイスキーの様々な要素が思い出されて楽しいです。この表でいうと、穀物、オイル、ゴムあたりが全く未経験なので、行きつけのbarのマスターに、このあたりの特徴を感じ取りやすい銘柄を聞いてみようと思います。まだ、ほんの入り口に立った状態なので、これからの出会いがとても楽しみです。回答ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

多くのご回答を頂き恐縮ですが、ペントランド・フレーバーホイールを教えてくださった回答者様をベストアンサーとさせて頂きます。 この度はありがとうございました。

お礼日時:10/27 19:06

その他の回答(3件)

0

ラフロイグ10年、私はスッキリ辛口の印象でしたね。 余談ですが、ラフロイグ10年をたっぷり使ったアイラザンギ(鶏の唐揚げ)を札幌市のbar一慶で食べた事が、まるで昨日の事の様に思い出される今日この頃。 再び北海道へ旅行出来る日が来る事を心から願っています。 新型コロナが早く収まります様に。 私は、今秋、自宅でアードベッグ3種(アンオー、ウーガダール、コリーヴレッカン)とラフロイグ18年を飲み比べてみます。 健やかなウイスキーライフを!

ID非公開

質問者

2020/10/25 22:42

ラフロイグ10年をつかった料理もあるんですね!結構衝撃でした。どんな味に仕上がるか想像もつきません。。。でも強烈に食べてみたいです。飲んでいらっしゃるというラフロイグ18年は、検索しましたが価格にビビってしまいました><そこまで良いものは買えませんが、アードベッグ3種のどれかなら、手が出せそうです。特にウーガダールがとっても気になります。回答ありがとうございました。

0

ラフロイグはそんなに甘くはありません。 ラフロイグ10年とアードベッグTENをストレートで並べて飲み比べるとアードベッグの方がずっと甘いことがよく分かりますよ。 アードベッグに甘さをあまり感じなかったとのことですが、ハイボールにしたせいでしょう。 どちらも強烈なスモーキーさや癖のある香りが特徴なのでその印象に覆い隠されて、甘さやコクもあることに気が付けない方も少なくない銘柄ではあります。 これらの銘柄のような強い主張はないマイルドな香味の銘柄にもまた違った魅力がありますから、幅広く楽しんでみると良いと思いますね♪

ラフロイグと似た傾向のものを飲みたいなら、アードベッグの他にはラガヴーリン、カリラ、キルホーマン、少し癖が控えめなタイプではボウモア、タリスカーがお勧めです。

0

アイラウイスキーの世界へようこそ。 ラフロイグはそうですね。「甘口」というのは少し違うと思いますが、バニラのような甘い香りもあって優しい味です。人によっては嫌う磯の香りを楽しめるというのも素晴らしいです。 さらに、アードベッグの良さも感じられるというのであれば、もうアイラファンの資格十分でしょう。カリラあたりも試してみてください。

ID非公開

質問者

2020/10/25 15:25

アイラの意味が分からなかったので調べました。アイラ島という地名なのですね。他にもスペイサイド、キャンベルタウン等、代表的な生産地があって、それぞれが特徴的な風味を持つことが知れて勉強になりました。ご紹介いただいたカリラを含めて、barでボウモア、クラシックラディも飲んでみましたが、結論アイラウイスキー大好き!です。気に入ったものはボトルを購入して秋の夜長に楽しむことにします。回答ありがとうございました。