自分の地域において野良猫の必要性についてです 定年後の老人の愚痴半分です

自分の地域において野良猫の必要性についてです 定年後の老人の愚痴半分です 私は四国の田舎在住、野良猫への無責任なエサやりがある程度自然な地域なのですが どのように説明すれば外から来る人へ理解してもらえるでしょうか? 少なくとも今までで野良猫のトラブルは私達に責任はない言いがかりとされた一度しかなく 近所自体が 特定の飼い猫以外。半野良でエサというより余り物で寄せて、モグラやネズミを狩ってもらい、繁殖してもイタチに食べられるため数は増えてないであろうと言った感じであり 個人的には、辺りにおいては飼い猫ではなく野良猫という自然の一部だと扱われてていると思います もしもコロナ下で大規模な移住があったとして、都会の人に受け入れられる価値観なのでしょうか? もう数年前の話ですが、役所からは半径4キロ以内での実害、苦情が無ければ責任は問われないはずとは言われています これでは情報不足だと思うので、返信次第で書き足します

ベストアンサー

0

農村地帯の田舎であれば、害獣災害について先に説明をされてはいかがでしょうか。 犬は番犬、猫はネズミやマムシの駆除役と昔から聞いていましたが、昨今のネット人間には通用しません。 うちも無農薬の野菜を作っていましたが、その為に寄り付く虫をおびきエサを撒いて取っていたらそれをネコに食べられてしまいました。 お陰で、そのネコには別の所で食べて貰う為に今度はネコのエサまで用意する始末です。 こんなこと、都会の人間には理解できないと思います。 昨今では、地方と都会の考え方のギャッブを大きさを感じます。 所詮、都会人間が田舎に越して来てもその気合いがなければ暮らしていけないと思いますから、危惧で終わることを祈ります。

>犬は番犬、猫はネズミやマムシの駆除役 すごく分かります。 自分の場合はモグラでしょうか、年に二,三匹は置いていてくれますね 上手くは言えませんが、自然にとれた数匹以上がとても数字以上に価値のあるありがたいモノです 私の想定が杞憂であってほしい

ThanksImg質問者からのお礼コメント

自分の田舎の猫との関係が異様なのではないかと感じていましたが 田舎はこんな感じでもいい。似たような地域はあると思うとほんの少し安心しました 私への助言としては正しいモノでありベストアンサーに迷う部分もありますが 『地方と都会の考え方のギャッブを大きさを感じ』という部分も、自分の今回の利用の根本にあるように感じ この方をベストアンサーとしました 回答してくださった皆さん ありがとうございました

お礼日時:10/30 18:50

その他の回答(4件)

0

最近は、とくに都市部では、その地域の住民たちが世話をしている飼い主のいない猫、という意味合いで「地域猫」というものが増えています。 ですから、仮に都市部から移住者が増えたとしても、その際は「地域猫」という説明をすれば、ある程度は言葉から理解してもらえるとは思います。 本来ならば、地域住民で協力して猫たちの去勢手術などをするものなのですが、害獣対策などの理由付けもできるのでしょうし、まあ今のところはそこまでこだわらなくてもいいんじゃないかと……。 ただその上で、例えば新しく来た方の家で糞をするようになった、だとかの実害があれば、地域の方々で猫のトイレを設置などはすべきでしょうけれども。 まあ自然の多い地域で、現在お住いの方々が気にしていない程度であれば、そうそうそういうことにはならないんじゃないですかね。

「地域猫」。浅くではありますが分かります 一緒くたにはできないのでしょうが田舎版の同じようなモノでしょうか 去勢は現実的ではないでしょうね 自分たちも把握していない、それこそ一期一会な猫も居ますから あとは頭数も、捨て猫,野良の子含めて生きづらいため極端に増えることはないでしょう 少なくとも町としては、近隣でトラブルを起こさない前提でとは呼びかけられています 住宅の多い場所では排せつの処理を呼びかける看板を見ます 自分も住宅地で『飼い猫』を飼うのであれば、その場所の常識に合わせるべきで 他でエサやりをやるとなれば無責任な行動となるのは理解しています

2

地域の問題であり、実害が出ていないなら、外部に対しての説明も必要ないと思います。

2人がナイス!しています

0

外から移住してくる人に対して、移住前に説明の機会を作られてはどうでしょうか? パンフレットなど役場協力の元この町はこのような街です。害獣の駆除など協力してもらったりと共存する町となっています。よくある猫被害と対策、対応の役場の課、近隣での対応してくれる人の連絡先などをのせたパンフレットを渡して事前に了承をえるなどされてみてはどうでしょうか?

事前の認知はとても重要ですね これから私が生きているうちに、住宅地域以外にも人が増えるとなれば 自分は少なからず猫が必要であると思うので、役場に意見を出してできる範囲での協力はしようとは思っています