反物質ってすごい言葉ですね。 調べしたが、専門用語でよく理解できません。 言葉をそのまま漠然と捉えると、

反物質ってすごい言葉ですね。 調べしたが、専門用語でよく理解できません。 言葉をそのまま漠然と捉えると、 「物質」が質量がある分、+といえますよね。 「反物質」はその反対ですか?それだと、質量ば0どころかマイナスになってしまうということですか? だとすれば或る意味、ブラックホールの先の奥みたいなもの?

天文、宇宙 | サイエンス43閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

勘違いをされていると思います。 反物質とは 構成する素粒子の「電荷」のみ逆の性質を持つ 粒子によって組成される物質で、 質量やスピンなどの性質は全く同じです。 具体的には 物質の世界では電子がマイナスで陽子がプラスですが、 反物質の世界では電子がプラス、陽子がマイナスになります。 電荷を持たない、例えば光子などは 物質も反物質も同じとなります。 (光子の反物質は光子、 あるいは別物として存在しないと解釈。) 負の質量と言う概念は存在します。 宇宙を加速膨張させている、 いわゆるダークーエネルギーがそれに当たります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

専門的になると難しいですね。 ありがとうございました。

お礼日時:10/27 5:39

その他の回答(5件)

0

そうですね、鏡合わせの向こうの世界ですから。 でも、加速器の中や宇宙空間では、普通に存在してますよ。電気代は凄くかかるけど。 キッズとあなどることなかれ、基本は書いてあります。 これ、お勧めです。 https://www2.kek.jp/kids/class/particle/class01-05.html タキオンは、提唱されたけど、未確認やし、場の量子論からは否定されてる存在です。

0

質量が負の物質は観測されたことがありません。 見つかったらおそらく「タキオン」と呼ばれ、反物質とは別にカテゴライズされます。

0

反物質の質量は正です。 反物質というのは反粒子でできた物質(たとえば反陽子と陽電子でできた反水素原子)のことです。 反粒子とは「質量が負」ではなく、質量やスピンが等しく「電荷」が反対の粒子のことです。 ・陽子の電荷は正、反陽子の電荷は負 質量は同じ ・電子の電荷は負、陽電子の電荷は正 質量は同じ