よく『自分より劣るバカを連れ歩いてちゃダメ』とか『自分より優れて頭がいい人と一緒にいろ』って話をする人がいるんですが、

宗教 | 哲学、倫理36閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

『自分より劣るバカを連れ歩いてちゃダメ』『自分より優れて頭がいい人と一緒にいろ』 自分より優れた人を含めた俯瞰でみれば、この二つは成立しません 釈迦やキリストを例に出すまでもなく その話をする人の頭はあまりよくない。 でよいです

0

>自分より劣るバカを連れ歩いてちゃダメ』とか『自分より優れて頭がいい人と一緒にいろ そもそもこれらは信仰していない人からでる言葉では?釈迦やキリストを敬っていない人が言っているのですから問題ないと思います。

0

整合していますよ だって対象がちがうんですから同じ道理は働きません 友達・仲間 と 弟子・信者は違いますよね 人間は自分の属しているグループに染まりやすいので 優秀なグループにいれば自分も努力して優秀と評価 されないとグループから外れてしまうかもしれないと 頑張ります 逆に不良グループにいれば 犯罪に手を染めやすい 環境にいるので自分も不良にとか犯罪に手を染める可能性が あります 特に子供の友人の場合は属しているグループの影響が 大きいので 自分よりバカとはいるな優秀な子と友達になれと いう人がいるのはごく当たり前の事です 逆に宗教とかの教祖が従えるのは友人ではなく 信者であり弟子ですよね 自分より優秀だったら自分の教えに染まってくれないでしょう? 妄信なんてしませんよ・・・ 自分の教えを素直に受け入れて妄信してくれて つき従ってくれる人はだれかと言えば 自分より優秀な人ではないと思います

1

釈迦やキリストや孔子は、例え相手がどんな愚か者でもその相手を愚か者とは見ないからこそ「賢い」と呼ばれているのです。 『自分より劣るバカを連れ歩いてちゃダメ』の主旨は、自分から進んで劣ってると思う相手とばかり連み、それで自分がボスになった風に考えることを指してるのでしょう。

1人がナイス!しています