回答受付が終了しました

三菱MRJが開発断念だそうです。 中国でも製造できる旅客機が、日本には製造する能力が無い。との結論になったのですが。

1人が共感しています

回答(15件)

1

日本でも中国並みの旅客機ならすぐにでも製造できるのだと思います。しかし国際基準のものととなるとだめでしょうね。あくまで中国国内線用ということで製造されているのではないでしょうか。あるいは開発途上国でしたらその国内なら格安ですから導入するかもしれませんね。たとえ中国国内だけでも十分採算が合うのかもしれませんね。しかしmrjの技術者が引き抜かれて我国やいろんな国の技術を応用すれば国際基準に合致してひのき舞台に打って出るかもしれませんね。炭素繊維技術なんかは喉から手が出るほど欲しいでしょうから。軍事転用にもしたいでしょうしね。イランあたりも触手を伸ばしてくるかもね。

1人がナイス!しています

2

開発断念ではないです、凍結です、 このコロナ渦で減便していますから航空会社も納品しても乗せるお客がいませんので凍結ということです。 中国が作ってるやつは今は亡きダグラスDC-9の古いラインをつかってええか加減な飛行機を造ってるだけです、基本設計はアメリカのダグラス社です、4世代も古い飛行機なのです。

2人がナイス!しています

2

中国のは国内輸送目的でFAAの耐空証明(型式証明)取得を求めていない機体が多いです。それに対して日本のは欧米を含む世界的な市場を視野に入れて世界的な運航許可基準でもあるFAAの証明取得を目指して色々取り組んでいたので中国と同列に比べることは出来ません。

2人がナイス!しています

0

技術に先走ってFAAの型式証明の取得などのノウハウに疎かったということです。 製造する能力が無いということではありません。 撤退を匂わせる報道は1年前からありましたから今更驚くことはありません。 今回のコロナが発表する絶好のタイミングになったということでコロナがなくても事業として大失敗です。

2

飛行機に限らず、落ち目ですね。 東芝、シャープ、パイオニアは外国資本に取られ、三洋はハイアールに。 カメラのニコンも風前の灯

2人がナイス!しています