テネットについての質問です

外国映画24閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

もう映画の中で何度もその質問に対しての答えを言ってますよ。 起きてしまったことは仕方ない。 これが答えです。何度もニールが言ってたでしょ? 宿命論、運命論、ループ論と言われていますが アルゴリズムを奪い返すのは始めから決まっていたことです。 元々決まっていることを変えるのは作中にあるように不可能です

0

セイターが死ぬ前に地下の深いところに埋めて、セイターが死んだ時点で(どういう方法かは知りませんが)アルゴリズムを発動させるためのものだと思います。深いところに埋められてしまう前に回収しないと、セイターの寿命が近づいてたので危ない、という話です。 穴での攻防を見ると、鉄のような容器だか通路だか(最後に主人公にやられた敵の幹部が落ちていった穴)にアルゴリズムを入れるつもりだったようなので、さらに爆発で穴全体を埋められてしまうと、セイターが死ぬまでに掘り返すのはそれなりに大変だったのでは。 それが、セイターが死ぬのと同時に回収されたというだけで、その辺の説明不足、適当さも、あの映画が良く分からないと観客に首をひねらせる要因になってるものだと思います。