地下室へ光ファイバーで地上から太陽光を運んだ場合、明かりの他に太陽の熱も運ばれるのかな?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

照明用の光ファイバーは光が通るとこがとても太いプラスチック製です。 主に可視光線を通しますが、赤外線も通します。 なお、赤外線だけが熱を伝えると考えがちですが、赤外線が簡単に熱になるだけで、可視光線だって熱源になります。 地上から地下へ入った光は最終的には全て吸収されて熱に変化して地下室は暖かくなります。

0

放射熱は電磁波として伝わるので光ファイバーの中を反射しながら運ばれますよね 自然エネルギーを使った暖房として窓を作れない所に太陽の熱も運んで部屋が暖かくなったらいいですよね 実際のところは光ファイバーの断面積の分しか日光しか運ばないので熱はほんの僅かですよね 光を集めて光ファイバーで運びたいところですが、通信用の光ファイバーも通信量が増えると線が燃えてしまうらしく、運べる熱の量を増やすには断面積を増やすしかないみたいです 窓と同じ位の断面積の光ファイバーを用意すれば太陽の暖かさを伝える事は出来そうですね

0

可視光線と紫外線・赤外線が入りますので光も熱も入るのが当然ですよ。小さいころ凸レンズで光を集めて黒く塗った紙を燃やした事ってないですか。可視光線の赤の外には赤外線(ウルトラレッド)が有り青の外側には紫外線(ウルトラバイオレット)が有りますよね。ですから太陽光線を地下室に取り込む訳ですから、熱も利用できる代わりに肌は焼けるでしょうし中の物全てが色あせてくるでしょうね。

0

直接熱エネルギーを通すことはありません。 が、 赤外線を通過させているのなら 間接的には暖まるでしょう。