ID非公開

2020/10/23 22:09

22回答

孫を相続人にしてなくなった場合、生前贈与に税金がかかるのは生前3年間ですよね?生前3年間で300万貰っていた場合、税金は30万?ですか?

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/10/24 12:11

遺言書自体は私が預かっております。 氏名、押印、日付等の書式は有効なはずです。 ①~③の相続人全員が「その遺言書は有効」と言えば、有効になります。 とありますが、相続人全員の同意が必要なのですか?被相続人の意思が最優先されると思っていましたが。。 遺留分については分かっています。

その他の回答(1件)

0

孫を相続人にして亡くなった場合とはどういう意味ですか? 孫の親(被相続人の子供)が生存中なら孫は法定相続人にはなりません。 相続人にしたとは遺言書を作成してあるという事ですか? その場合、法定相続人ではないので『相続』ではなく『遺贈』となり相続税に2割合加算されます。 孫に教育資金や住宅資金等々の目的あるもので申告していれば目的資金により控除はありますがただお金を贈与したなら年間110万円を超える額が贈与税の対象で毎年申告納税をする必要があります。 無申告の場合、延滞税等追加されますのでできるだけ早く申告して下さい。 また、亡くなる前3年以内の贈与は相続財産に含み相続税の対象として計算され相続税から支払った贈与税が控除されますが、亡くなった時に相続や遺贈により遺産を受け取っていない場合、相続財産には含まれませんので贈与を受けた時の贈与税の支払いだけで完結します。

ID非公開

質問者

2020/10/24 8:03

遺言書で孫指定していた場合です。年100マンをこえない程度に貰っています。