回答受付が終了しました

ID非公開

2020/10/24 3:17

77回答

音楽専門学校に行って音楽の勉強をしようと思っている。と言ったら、

音楽専門学校に行って音楽の勉強をしようと思っている。と言ったら、 「そんなの普通の大学に行きながら自分はできたし、DTMも誰から教わったわけでもないけどできるし、作曲に音楽理論なんて必要ない。」 と言ってる人がいました。 DTMって機材があれば誰でもできるものなんでしょうか?

作詞、作曲 | 大学受験55閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

回答(7件)

0

誰でもできるというのは違いますね。 できる人は習わなくてもできるようになるし、できない人はいくら習ってもできるようにはなりません。形だけはできても、実戦で使い物にならない人と言うのも結構います。適性の問題です。 機材のクオリティーもあまり関係ない。 高価な機材を持っていても機材負けして全く成長しない人もいるし、古くてしょぼい機材でもいい曲を作る人もいる。ハイグレードな機材やたくさんのソフト音源を持っていれば表現の幅は広がりますが、それを活かせるかどうかは別問題ということです。 ただ「作曲に音楽理論なんて必要ない」は、往々にして詭弁の場合があります。本人は音楽理論なんて知らなくてもやれてるつもりでも、他人と関わる音楽制作をやる場面で基本的なことを知らなくてコミュニケーションが成立しなかったり、頓珍漢なことをやらかしたりして素養不足が露呈することがあります。 例えば、一人でDTMで作っている分には何ともないけど、生楽器を取り入れたレコーディングをする際に、奏法を無視したトンデモ楽譜を持って来たり、楽器奏者に無知丸出しな指示を出したりして、陰で揶揄されている作曲家も結構たくさんいます。 音楽でメシを食うなら、やはりそれなりのことは勉強していないと周りに迷惑をかけたり恥ずかしい存在になったりするのが現実。ただし、ただ音楽学校に行けばいいというものでもありません。音楽学校に行ってもできない人は一生できないし、できる人は独学と実践で習得できてしまいます。

0

私もそのクチです。 普通の大学に通いながらDTMを始めてソフトの使い方のみ軽く友人に教えたもらいながら音楽理論も全く知らずにやりながら今は海外ドラマの曲や海外アーティスト中心に楽曲を提供するプロ?!になりました。 音楽学校(DTMやレコーディング)に通っていた友人のプロデューサーは、学校とか行くだけムダ。ゴミ。ろくなこと習わない。 とよく昔言っていたのを思い出します。

0

DTMが好きで好きでどうしようもない みたいな人は学校に行っても行かなくても上手くなるとおもいます。ようは独学は可能だと思います。でも学校に行った方が近道かも知れません。 ちなみにEDMで有名なマーティンギャリックスはDTM専門学校を出ています。

0

誰でも出来ますよ。 スケートなんて誰でも出来ます。でもトリプルアクセルを飛べるようになる人はほとんど居ない。 それと同じです。 人気ボカロと同じようなものが誰でも出来るかと言えば、もちろん確率はほとんどありません。 DTMと作曲ができるようになるだけなら、自分で調べるだけでできるようにならないと、話にならないということです。 専門学校はそう言う人が集まるところです。 マラソンの講習会は、普通に走れる人がゆくのと一緒です。 そう言う人は、すでに分かってることが多いので一見無駄なように思えますが、分かってないことを見つけることができるのが大きいのです。 それが、大きなヒントになるような人が、大物になります。 また生徒の中に才能のある人がいるのでそれと仲良くなるために行くのです。 友達どうしでつるんでるだけの人は、行っても無駄になります。 ま、半分ぐらいの人は、凄い人を見て、自分の才能に見切りをつけるために行きます。

0

できる人もできない人もいるでしょう。 音楽専門学校に行く目的が、就職とか仕事とか関係なく、自分の趣味の延長なら何も問題ではありません。 そうでないならば、音楽の専門学校に行っても仕方ないですよ。