ID非公開

2020/10/24 17:33

66回答

ペットショップから犬を迎えることについて。

イヌ | ペット138閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

2人が共感しています

ベストアンサー

0
画像

ああ、書き忘れました。 リンク先の回答に書いていないもう一つのペットショップの問題点があります: 毎年ブリーダーからペットショップに到着するまでの搬送中に約3万頭の子犬子猫が亡くなっています。犬の場合、これは実は殺処分数よりも多いんですよ!ありえない! しかもほとんどの原因が下痢や嘔吐だそうです。最悪。いかに輸送、そしてペットオークションが幼い生体に物凄い負担を強いることが想像されます。 更に、これはあくまで正式に報告された個体数であることと、あくまで搬送中の死亡数であり、正式に公表しなかったものも絶対にいますし、輸送前に亡くなった数はカウントされていません。つまり実際はこれよりも更に多くの子犬子猫が亡くなっているということです。 ヤバ過ぎです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

まだ私の知らない現状があったのですね。 知ることは辛いけど、犬猫はそれ以上に地獄ですもんね。 みなさんに考えてもらえるようにSNSなどを通じて発信したいです。この質問も見ていただけたらいいなと思います。 詳しく回答して頂きありがとうございました。

お礼日時:10/30 22:13

その他の回答(5件)

0

これは何か質問なのかあなたの「懺悔」なのかよくわからないのですが切り分けてコメントします。 #ショップから4ヶ月に犬を迎え入れた。 答)犬を飼うこと、どこから迎えても「終生飼育」することが大切です。 #犬を初めて飼育。毎日いろいろなことを調べて試行錯誤。 答)初めてですので当然だと思われます。 #“ペットショップ”というものが犬を不幸にしている現実を知った。「ペットショップで犬を買う」その裏側にこんな現実があるとは。 答)率直に言って驚いている。犬を迎える前になぜ調べなかったのかということに。だがようやく「現実」を知ったのはあなたにとってよいことです。 #母犬は劣悪な環境で何度も無理やり繁殖させられる。 #時には適当な帝王切開手術で生ませる。 #繁殖犬がけがや病気をしても治療もしないブリーダーが多い。 #相当回数出産させる。できなくなると捨てる。 #「パピーミル」という言葉を初めて知った。 #すべての犬が該当するかはわからない。 答)その通りです。しかしショップやブリーダーに対する風当たりは強い。それにしてもあなたがまるで無知だったことに少々驚いています。 #飼い犬が日々成長している姿を見てとても嬉しく思う。 答)あなたは一頭の犬の飼い主=保護者、責任者になった。犬と向き合い終生飼育をしていく。どこから迎えようとも非難されることではない。 >>私がしたことは不幸な犬を増やす原因を作っていたのだと気づいた。モヤモヤした気持ちで過ごしている。 答)過ちとするなら2度と同じ過は繰り返さない。今目の前にいる飼い犬を全力で「幸せ」にしてあげること。 #去勢を考えなければならない時期。人の都合でむやみに犬を傷つけたくない。去勢手術は犬を傷つけるものではない。犬のための手術なのはわかっている。 答)犬のためにしっかりと熟考して自分で決定してください。 >>ショップから犬を飼う人って罪ですね。 答)いいえ。どこから迎えるかではなくどのように犬を育てていくかが大切です。つまりこれから始まる「終生飼育」です。 #今もなお劣悪な環境で過ごしている犬がいる。 #捨てられて殺処分目前の犬と殺処分された多くの犬がいる。 #辛くてたまりません。 答)知恵袋で「公開懺悔」されても残念ながら亡くなった犬は戻ってきません。気持ちは理解できる部分もあるが今は目の前にいる犬としっかりと向き合っていくことが大切です。

2

確かにパピーミルの存在があるのは事実でしょうしそれを知り、考える事は大切なように思います。でも実際自分の飼いたい犬種が決まっているような場合は、ブリーダーかショップでないとなかなか出会えないのも事実です。パピーミルだけに注目するのであればショップだけではなくブリーダーも同じようなものです。 そしてじゃあ必ずしも保護犬ならいいの?と言われれば絶対ではありません。保護団体も良い団体さんもいれば書かれているようにショップやブリーダー、その他の悪徳業者と似たような団体もたくさんあります。 世の中よく知らずにペットショップやパピーミル単体を否定する方も多いですが、本質はそこではないと思います。何より飼い主が出来ることは、保護犬にならないように責任を持って最後まで育てて看取ることです。

2人がナイス!しています

1

そうですね。ペットショップで買う前に知って欲しかった事ですが、買った後に知ったとしても、その気持ちを忘れずに、ほかの不幸な犬たちに向けてあげてください。 さて、去勢に関しては人間都合というより、犬の幸せを思って、やってあげてください。 これ以上不幸な犬が増える事を防ぐ、犬の病気を防ぐ、シーズンの時にストレスに晒されないなどメリットが多いです。 去勢しないならそれなりに大変なのは覚悟してください。 シーズン中、女の子の匂いで盛るオスの世話はほんとーーーに大変ですので。 (我が家、40年前から今に至るまで過去3匹全てオスで未去勢)

1人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
1

保健所とかにいる犬は避妊去勢なんて可哀そうとかお金がもったいない とかで産まれた子供が邪魔だから捨てたってのが大半ですが。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/24 18:38

ご回答ありがとうございます。 去勢については、したほうがいい・しなくてもいいという意見があり、悩ましいところです。時期がくるまでちゃんと考えて、決断したいと思います。

1

そういう考えは確かに素晴らしいと思います。 私もそう考えてましたから。 次に迎えるなら保護団体からと思ってました。 良いなと思った団体の譲渡会に行きました。 電車賃もかけてかなり遠くまで。 結果、行かなきゃ良かった。こんな団体を良いなと思ってたなんて…と言うくらい酷かったです。 挨拶もできない、入って良いのかすらわからない(もちろん予約制とかではないです)、入ったらあんただれ?と言う顔をされる、などなど開催してる団体の態度じゃないなと感じました。 親も一緒にいっていて、なんなのこれは…と落胆してました。 後日あの態度は酷いとメールを団体に送りました。こちらの言葉を皮肉って返信が来ました。 この団体は終わってると思いました。 なので本当に素晴らしい団体に出会わない限り、私は保護団体から迎える気はありません。 飼うとしても、ショップかブリーダーでしょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/24 18:35

ご回答ありがとうございます。 保護団体からしたら「迎えいれるなら保護団体から」と思ってくれてる人は貴重な存在なのでは?と思いましたが、そうではない団体もいるんですね。素晴らしい団体を見つけるのも容易ではないですよね。どこで判断したらいいかわからないし…