今年は太平洋高気圧が 西に張り出してるため なかなか台風が日本に 来れないみたいですが 大助かりですか?

今年は太平洋高気圧が 西に張り出してるため なかなか台風が日本に 来れないみたいですが 大助かりですか?

気象、天気18閲覧

ベストアンサー

0

大助かりです、おかげで被害少なかったです。 知恵袋は何かいても規定に違反しなければ良いらしいけど、台風によるメリットをなんでここで長々書くのかね。

その他の回答(2件)

0

台風による建物やライフラインの損壊、洪水等が免れたことは助かったことであると言えます。 しかし、台風が来なかったことで困ることもあり、一概に「助かった」とは言えません。 台風によるメリット 1.水不足の解消 台風が発生し通り過ぎた場合、ダムの貯水量を一気に五千万トン以上も回復される力を持っていると言われています。 2.エネルギー交換 台風は、赤道前後のエネルギーを温帯地方にもたらしています。 言い方を変えると、ほっておくと冷えてしまう温帯地方にエネルギーを供給しているということになります。日本のほとんどは温帯気候に分類されています。私たちが、四季を感じながら豊かに暮らせているのも、実は台風のおかげでもあるのです。 3.生態系に対する役割 ①川底の汚れを排除 台風の大雨は、川底の石についた汚れを落としてくれます。 魚たちの卵は、綺麗な石にしか産み付けることができないため、 台風の少ない年には卵も減ってしまうと言われています。 ②砂浜をつくる台風 台風の大雨が運ぶ土砂は、河口に砂浜をつくりだします。 砂浜は多様な生物の住処でありエサ場でもあります。 また、水の浄化作用にとっても非常に重要な役目を果たしてくれます。 ③水温を整える 前述の通りですが、 台風によって海水はかき混ぜられます。 かき混ぜられることによって、 ・海の深いところの酸素の少ない水と表面の酸素の多い水をかき混ぜ、 生物に住みよい環境を整える。 ・水温が高くなりすぎるのを抑え、サンゴを守る。 等のメリットが考えられます。

1

今年は太平洋高気圧が西に張り出してるため、大きい台風が日本に上陸できずに朝鮮半島に行き大きい被害がでず大助かりでした。 今年の太平洋高気圧は、その後も台風が日本に来れないように防御してくれました。

1人がナイス!しています