ID非公開

2020/10/25 10:02

99回答

軍人は、人を殺すことに

ミリタリー | 歴史49閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

軍人は人を殺すことではなく敵を制圧する事が目的なんで、ただ人殺しがしたくて軍人になった人、人を殺しても何とも思わない人、家族や仲間を殺されたなどの理由から復讐に燃える人以外はどうしてもためらいや罪悪感を感じると思うよ。

0

人によると思います。 戦場の中で殺すことへの躊躇いや罪悪感から解き放たれて獣のように自由を感じる人もいるだろうし 意外とそっちの方が多い気がします。 戦場で敵味方一斉に撃ち合ってる時に自分だけ撃つのを躊躇っていると言う状況は非現実的で物語チックに思います。 後から後悔、罪悪感は当然あると思います。

0

国や故郷や人々を守る為で有れば罪悪感は無いでしょうね!自衛隊でしか出来ない事ですからね!これは災害派遣でも言える事です。他人を救出する為に危険な場所に飛び込まないといけないのですからね!

0

葛藤があるようです。 私の家は農家なのですが、 自衛隊にいた人から、 「生産者は 動物や魚や植物を殺して、つまり殺生をして、 消費者は それを食べるだけ だが、 殺生はしないで おいしいところだけ食べる消費者の方が罪深いのではないか? 軍人は生産者と同じではないか?」 という相談を受けました。 (ちなみに 私は、動物を いちばん殺しているのも 稲作農家 と思っています。田圃に水を張ると おびただしい数のミミズが溺死します。田圃が赤くなるほどです。)