電気屋さんに質問です。 これは、手抜き工事ですよね? スイッチがありその先にコンセントがあります。

補足

室内の天井に付いてる電灯のスイッチの事です。 接地側にスイッチを入れると、切ったとしても 機器には電圧は来てます。 今回は、庭を照らす外灯の配線をテスターで確認しました。 つまり、電圧側(非接地側)はオンオフにかかわらず、電圧がありました。 これは、電気の知識があればおかしいですね。

住宅 | 工学418閲覧

その他の回答(3件)

3

そのスイッチってえのは片切りってえのは分かりましたけど、そのスイッチってえのはNFBですよね。 たしかに電圧側にSW端子を取り付けるのが基本ですけど極性まで法的に縛りが無かったような気がしますなあ。

3人がナイス!しています

2

基本的に商用電源の場合スイッチは電圧側にかますのが一般的です。但し接地線側にスイッチをかましても基本動作は可能ですから問題はありません。これを直流で検証するならばプラス側でスイッチをかますかマイナス側でかますかということです。これってプラスコントロールとマイナスコントロールの違いです。ただ直流と商用の交流は少し違うと言うことです。商用の交流は安全対策から交流の一線を接地に落としているという事です。これがメリットでありデメリットともなりますね。交流の一線が接地されているわけですから大地にいて電圧側を触れば電気が流れますよね。これが感電です。直流の場合はどちらも接地されていませんからどちらの極を触っても感電しないでしょう。

2人がナイス!しています

どこかで誰かが逆に接続したのでしょう。そんなのは機器が動けばOKなのでは。コンセントの先に付けたスイッチと同じです。 問題は壁スイッチ(片切)を切っての作業はいかがなものでしょうかね。100Vの場合は接地線側は生きていますし200Vならば確実に電圧かかっていますからね。電気作業をするときはスイッチではなくブレーカーを切っての作業が基本です

1

今は見れなくなったので前回の質問が分かりませんが、通常GND(アース)基準で測るとL(電圧側・一般には黒色)は実効値電圧で100V、N(中性線側・白色)は同0Vです。 スイッチでそのコンセントが入り切り出来る事が確認済みであれば、今回の作業でスイッチはN側に入っていると判断して良いです。 この場合は手抜き工事ではなく、ルールを守っていない工事という表現が正しいと思います。 但し、そもそもそこの線を引いて来た大元の部分で既にLとNを間違っている可能性も・・・・ 直す際には元からある建屋の主開閉器2次側(電力契約ブレーカの分電盤に繋がる側)から確認しないと二度手間になるかもしれません。

1人がナイス!しています

おかしいかどうかは・・・・どうでしょう。 L側に入っていればプラスコントロール、N側に入っていればマイナスコントロールと言われる制御になります。 例えばPLCではそれぞれシンク・ソースという名称で呼ばれます。 要はどちらも正しい制御の仕方として存在しています。 質問者さんはスイッチを切っても電圧が印加されているのは避けられる(L側に入れれば良い)のに、手抜きしてその様にしていないからおかしいと思ってこの質問をしているのですよね。 スイッチを切っても電圧掛かっていて危ないと思うのは、そもそも 元のブレーカ(両切りスイッチ)を切らずにAC100V系の配線作業するからです。 そして作業者時以外には機器にAC100Vが常に印加されっぱなしかは、どちらでも良いはずです。 どうせ絶縁抵抗は十分にあるのですから。