ドライバーの中にヒューズのようか物が入っていました。ガラス管内部の黒い物は接触していません。

画像

DIY | 車検、メンテナンス99閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、たくさんの回答をくださり、ありがとうごさいます。 使い方や現行機との違いまで教えてくださったという点でベストアンサーに選ばせていただきました。 とても勉強になりました。 ありがとうございました(^^)

お礼日時:10/26 13:19

その他の回答(6件)

1

これは検電ドライバーと言って握る部分にネオン管が入っています、コンセントなどに触れると電気が来ていればネオン管が光ります、電気が来ているかどうか判別が付きます、尚コンセントの片方はアースになっているのでそこに挿しても光りません、片側だけ光ります。

1人がナイス!しています

0

水色っぽい、コロンとしたのは抵抗で大電流が流れないようにしてあります。 100Vの電灯線の点検を意図したもののようで、クルマのバッテリ電圧では光らないかも(光るかも) 尻の金属具に触れるようにして使いますが感電することはありません。

0

検電ドライバーで電装品とかの電源探しとか断線、ショートなど探したりもできる便利ものです。 ヒューズではなく電球で通電したら光る。