ID非公開

2020/10/26 16:02

44回答

一戸建て住宅の高気密・高断熱は、どの程度重要なのでしょうか?

新築一戸建て | 注文住宅73閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/10/27 7:47

やはり、そこそこで良いのかもしれませんね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ありがとうございました。

お礼日時:10/27 8:20

その他の回答(3件)

0

ざっくり言うと、断熱費か暖房費かの違いですしね。 ただ、植物好きとしてはある程度暖かい家だと環境的には作りやすいなとは思います。 常時暖房効かせてればいいですけど。

ID非公開

質問者

2020/10/27 7:47

実家の場合、掛かっても光熱費は月20万円はいかないので、良いエアコン等を設置すれば、特に高断熱・高気密までは必要ないかもしれませんね。

0

①日本の建築業界の認識は、rriさんの言う通りのレベルなので、今年の4月から「義務化」して導入されるはずだった、「平成28年度基準(断熱等級4)」でさえも、各方面からの横槍で潰されてしまいましたので、いかに業界内の認識が低いのか? が分かるはずですよ。 ②あなたの実家の、詳しい築年数が書かれてはいませんが、今の技術があれば、相当に年季の入った「古民家」であっても、「高断熱化の為の改修工事」は可能ですよ。 今までの「古民家」と「高断熱化された古民家」に住み比べてみれば、「高断熱化」の何が一番重要なのか? 沢山語らなくても、すぐに体感する事で、理解する事が出来るものだと思いますよ。 ③簡単に「高断熱化(この中には高気密化も含まれています)」する事の利点を書いてみますので、参考にしてください。 (1)家の中での「温度の差」が無くなる事: 今では交通事故で無くなる人の、5倍以上もの人達が、自宅の「温度の差(ヒートショックの原因)」から、特に浴槽での「溺死事故(年間に約2万人)」が原因で亡くなっていますので、この様な状態を解消する為にも、「高断熱の家」が社会的にも、必要とされているのです。 更に「高断熱の家」であれば、冬物の布団が要らないとか、冬場の朝に起きるのが辛くないとか、ぐっすりと眠れるので「寝不足」にならないとか、色々な有利な点がありますよ。 (2)「冷暖房の費用」が劇的に減る事: これからの世界では、「SDGs(持続可能な経済活動)」の観点から、新しい雇用や職業を生み出そうとしていますので、大量のエネルギーを使う事で「快適を手に入れる!」今の状況よりも、極めて少ないエネルギーだけでも「快適に暮らすのか?」と言う選択の「パラダイムシフト」が発生しますので、どちらを選ぶのか? については「明白」だと思いますが、あなたはいかがでしょうか? ※政府も今の段階で、強制まではしていませんが、優遇措置などで誘導は、既に始めていますからね。 (3)「内部結露」によって家が傷む事が無くなる事: 「表面結露(冬場のガラスの室内側で発生します)」は見ればすぐに分かりますが、「内部結露(壁体内結露とも言います)」は、直接目には見えないのですが、じわじわと家が腐る大きな理由となっています。 これを防ぐ有効な方法は、「全く冷暖房をしないままで暮らすのか?」 それとも「高断熱の家を建てるのか?」 の2つしか有効な手立てはありませんので、どちらを選ぶのか? はあなたの判断次第ですよ。 ★他にも色々と「利点」はあるのですが、書いているとキリがありませんので、よろしければこちらの本を、一度読んでみてください。 https://books.rakuten.co.jp/rb/15544782/ 「夏場の暑さ対策」や「冬場の太陽光の活かし方」も書かれていますので、参考にしてください。 こちらの本には、実際の「高断熱の家」に暮らしている方達の、感想が書かれていますので、お役立てください。 https://books.rakuten.co.jp/rb/15361209/?l-id=item-c-relation-01

ID非公開

質問者

2020/10/27 8:20

築年数は100年くらいです(部分リフォームあり)。 壁は砂壁/漆喰/板張りが地下なので、あまり壁内結露などは気にしたことはありません。 とりあえず、家じゅうのエアコンを24時間つけっぱなしなので、シャツ1枚で廊下や縁側でも問題ない寒暖差になっています。 ユーチューブなどを見ていると、高気密・高断熱はどうしても宣伝的な要素も多いのかと思ってしまいました。

0

昔と違って拘らなくても、今の住宅はある程度の断熱性と気密性は確保されています。 なお、現段階では無断熱の家でも法令違反ではないが、今後は新断熱基準となって断熱の低い家は建てられなくなります。 また、耐震性も同様なので、少なくとも長期優良住宅基準の耐震等級2以上や省エネルギー対策等級4などは確保して下さい。 冬場の快適性や光熱費にも大きな差が出ます。

ID非公開

質問者

2020/10/26 16:32

そこそこでも、良さそうですね。 そこそこで建てておいて、子供達が巣立った頃に、またその時代に合った建物を建てた方が良いのかもしれませんね。