子供の名前について。

妊娠、出産60閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます! 芙実ちゃんになりました♡♡

お礼日時:10/28 14:18

その他の回答(1件)

0

芙実 芙はハスを指し、美しい花をイメージさせると共に観音菩薩の立つ花として極楽浄土を示す花です。愛し合う夫婦は死後も同じハスの花で暮らします。源氏物語にも 契りおかむ この世ならでも蓮葉に 玉ゐる露の心へだつなとあります。 が、ハスの実は美肌や口内炎、疲労回復の薬になりますが、形がハチの巣のようで気持ちが悪いと言われています。 ふみの音は文とも二三とも通じ、古風な読みです。古来から行われてきた女性の呼び方としておふみや文子など、また別字を用いた号の転用にもよろしいと思います。 花歩 花というと古代は桜、平安時代に梅のちに菊、近世には桜を指しました。富士山の神はコノハナサクヤ姫でとても美しい女神ですが、はかない命を暗示します。 歩は当て字になりましょうか?花を歩くは花畑を歩いているイメージとなり、可憐な少女を連想させることができます。 かほの音は読み名としての意味はなさそうに感じますが、吉音が続くので良いと思います。最近の女の子の名前によく用いられるので、変に思う人はないでしょう。 和花 和はなごむ、ひとつになるの意で、丸、輪にも通じます。聖徳太子は最も貴いものと説きました。また日本人において、わは私を指し日本を意味します。和食、大和など。中国人は日本を蔑視して倭人と表記しましたが、倭と和の意味は違えど音は通じます。 わかの音は吉音のならび。若、和歌に通じて良いです。和花は先にも書きましたが、梅や菊は中国風の文化から好まれた経緯があるので、日本の花は桜に限定されます。 和花の名前には桜を隠し名にするという用法も使えます。 ざっくり書いてみました。あとは苗字との音の並びや画数なんかもありますが、女の子なので苗字との絡みはそこまで気にしなくても良いでしょう。