回答受付が終了しました

5Gって実効速度で光回線を本当に超えるのでしょうか? あと 5Gの基地局同士は光ファイバーで接続しますよね?

回答(3件)

0

技術としては超えません。 GPON、GEPONのようなアクセス回線の技術ではないけれど、 光ケーブルを使ったWAN、MAN用の技術としては400Gbpsはすでに市販品があります。現在はtera bit overの仕様を検討している状況。 ただし、NTT等が提供するサービスとしてはわからないです。有線は、現在10Gbps、今後、25Gbps、100Gbpsを目指すでしょうが、その場合に、既存で敷設された光ケーブルでは難しい可能性があります。光回線は敷設するのにコストがかかるので、ペイしないとわかれば普及しません。実際に、有線のアクセス回線がないような国はいっぱいあります。 あと、実効速度とあるけれど、どの区間の実行速度なのかはっきりさせないとあまり意味がないです。XG-PON等の10Gbps光回線の実行速度は、光回線の区間だけ見れば実効速度10Gbpsだし。また、実際の使う場合にその10Gbpsを何人でシェアするかもはっきりさせないと意味がないですね。

0

今現在の光回線の速度を5Gが超えるのは時間の問題です 現在4Gでもドコモが提供するプレミアム4Gでは下り1.7Gbpsの理論値で実効速度150Mbps程度はコンスタントに出ておりドコモのテストでは450Mbps前後を記録しているそうです 海外では5Gでの実効速度が1Gbpsを超えたとの報告もあり理論値が今後10Gbpsから20Gbpsに引き上げられればさらなる高速化が期待できます 過程で使われている光回線の高速かはこのままでは難しいと考えられますがONUの交換をすれば光ファイバは光の色を買えることで複数の信号を童子に伝送する技術を用いてより多くのDATAを伝送することが可能になると期待されていますので高速化が実現できる日もそう遠くはないでしょう

0

光ファイバーのインターネット接続サービスは、10Gbpsにどんどん移行していきますので、そちらを契約すれば実効速度として5Gより速くなるでしょうか。 どちらもお使いになる地域でのインフラ整備状況にかかってくるのは変わりませんし、ご自身の端末設備もその速度に追従できるかですね。