ID非公開

2020/11/7 14:26

44回答

楽器の買い替え時について

吹奏楽31閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

バストロンボーン吹きです。 中学で吹き初めて既に齢50を過ぎ経験年数も40年を数えます。この間何本も楽器を買い換えてきましたが、その買い換えのタイミングについては2種類ありました。 まず1つ目は買った楽器の何処かしらが気に入らなくなってきてその不満を解消できる楽器を探し当てたとき。 これは時期に関してはまちまちですね。使おうと思わない楽器を取っておいても仕方ないですから売りに出します。 もう1つの理由は楽器の疲労や経年変化から来る演奏感触の変化が如実に現れたときです。 私の場合はリップスラーがかかりづらくなって引っ掛かるようになってきたら頃合いですね。今のメーカーの楽器はドイツですが大体毎日吹いて15年位からと思います。同じような症状で買い換えたコーン(アメリカ)は約半分の7年でしたし、吹くことの少ないコントラバストロンボーンは20年前の楽器がまだまだ元気です。吹く時間や楽器の耐性にもよりますから「トランペットは何年」などと大雑把に言えるものでもなさそうです。 今使ってるバストロンボーンのメーカーの私が最初に買った楽器はあまりにも気に入りすぎてヘタリが見えててもなかなか手放そうという気にはなれず結構ウジウジ持ってましたね。 あとはお金との相談もあります。カネないのに楽器買おうったってカネ出ないですからね。ヤマハ、バック、XOのB管トランペットならまだしもタイン、モネット、レッチェ辺りはポンポン買える値段でもないでしょ。

0

30年以上同じ楽器を使っています。 まあ、今の楽器で物足りなくなったら買い換えてもいいと思いますが、特に不満もなければお金ももったいないので買い換えなくていいと思います。 メンテナンスをやっていれば100年以上もつと思いますよ。

0

メンテナンス等をしていれば楽器には寿命はほぼありません。ですが、買い換えはします。時期としては自分の場合、楽器とレベルが合わなくなって買い換えました。レベルが合わないというのは、中上級者が入門レベルを使っているということです。例えるなら、マラソンを普通のスニーカーでしてる状態になっていたということです。 何年か毎に買い換える方もいらっしゃいますが、プロの方が多いです。アマチュアだと自分のようにレベルに合わせて買う人が多いかなと。また、不具合で買い換える方もいらっしゃいますが、あまり楽器の故障等の不具合でというのは聞かないです。