ID非公開

2020/11/10 16:43

2020回答

なぜ、ブルーレイのディスクはあまり流行らないのですか?

補足

たまたまレンタルショップみたら、 レンタルのほうは、ブルーレイのほうが少ないですね 普通のDVDレンタルのほうが多い。 私はどっちも利用しないし使いませんが。

2人が共感しています

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

その他の回答(19件)

0

ブルーレイ再生機が普及していない。 録画はテレビの外付けHDDだけでブルーレイレコーダーは持っていない人が多いのです。

1

個人の少し経験した感想のようなもの 言わせてもらうと、一番安いブルーレイ・レコーダを 購入して使ってますが、ダビングでの違いはBD-RE(ブルーレイデスクの 繰り返し録画)DVD-RWが5~8時間録画可多く録画すると画質が悪くなる。 BD-REは6~10時間録画できて画像もDVDより鮮明ですが ダビングしようとするとき前触れなく突然再生以外何もできなくなっていることがある、削除もできないので空きが作れず新たな録画できないことに。

1人がナイス!しています

1

レンタルディスクショップでの品揃え状況を見て『あまり流行っていない』と思われているようですね しかし 日本映像ソフト協会の資料によると http://jva-net.or.jp/report/videomarket_1.pdf 映像ソフトを収録したディスクについては昨今のネット配信の普及に押されたのか 市場規模が次第に縮小しており なかでも店舗販売の市場規模縮小は著しいものがあります しかしながら市場規模の縮小は別として 販売用ディスクに関して言えば近年ブルーレイディスクはDVDに比べ着実に比率を伸ばしており それに対し DVDは2005年頃をピークに年を追うごとに減少していて およそブルーレイが流行っていない と言えるような状況ではないと むしろブルーレイのほうが流行りだしている状況だと思います レンタル業界に関して言えば レンタル用ブルーレイディスクは割高のわりに研磨に弱く レンタルに回せる回数がDVDに比べて格段に少なくなるのが店頭に出揃わない理由だと思います このまま映像ソフト収録ディスクの市場規模が減少し DVD には見向かれないようになったら レンタルショップは消滅の運命をたどるのかもしれません

1人がナイス!しています