回答受付が終了しました

なんで中華圏は日本の芸能人詳しい人多いんですか? 日本と文化がにてるからですか? 東南アジアや欧米 中東 より 中国 台湾 香港 韓国系の人が

回答(1件)

0

中華圏は日本の芸能が受け入れられてからの歴史がすごく長いです。地理的なものと、 顔が同じ(日韓中それぞれあるけどほぼ同じ系統)、 互いに宗教色が薄い、 生活習慣や食文化が近い、など、 色々な要素あってもう昭和の頃から日本の映画が上映されたりドラマがテレビで放映されてたり、ブームというほどではないにせよ昔からありました。 そう言う背景から、中華圏の中心が香港だった時代、香港の歌手が次々日本の歌謡曲のカバーをヒットさせました、同時期台湾では酒井法子などが人気になり日本の芸能がブームになった時期があります。それらが90年代くらいです。 00年代になると安室奈美恵や浜崎あゆみなどが人気になりました、また、日本のドラマやバラエティは放映日に録画したものに字幕をつけ、次の日の便で香港へ持ち込み、夜間生産作業が行われ中1〜2日で香港のアイドルショップに置かれている、なんてこともありびっくりでした。台湾では日本のバラエティをそのままテレビで放映していましたし、志村けんなどのお笑い芸人で今も人気のある人がたくさんいるようです。しかしそれから10年もしないうちに中華圏にも韓国コンテンツがやってきます。中華アイドル不在、大陸縛りによる映画の衰退、テレビの不振(香港ではもともと2つしかなかった地上波局のうち1つが一昨年とうとう消滅)の中ケーブル曲ごと導入され一気に視聴者リスナー流れていきました。じゃんじゃんバージョンアップしていくK-POP、片やほぼ伝統芸能状態の日本の歌謡や芸能はちょっと時代遅れになってしまったのです。 とはいえ、基礎が根深いというのと、漫画アニメと抱き合わせ、という2要素から日本コンテンツもまだまだ席次は持っています。ただ、一般的でなくなってきた分詳しい人たちのヲタク化マニア化も著しく、詳しい人は日本人よりよほど詳しい、と言う状態です。 韓国に関しては日本コンテンツの放映が制限されている頃から闇で日本の歌謡曲のCDが広く取引されていたようです。規制と言うのは建前で、若い世代で積極的に日本の音楽を聴いている人も当時から現在まで多くいるようです。日本では絶滅した渋谷系すら生き残っていますから。また、漫画やアニメには規制がなかったのかかなり昔から日本のアニメはテレビ放映がありました。今の30代から下はみんな日本のアニメを見て育った世代、若い世代で日本の文化に親しみを持つ人は多いようです。

ありがとうございます 日本は古代から朝鮮や中国文化の影響があるから 現代でも付き合いがながいのかなと思いました 平安時代の和歌とか漢詩の影響強いし 法隆寺とか昔の朝鮮渡来人の影響あるし 日本は古代から朝鮮や中国の文化や古典とかをとりいれてるからかなと思って あまり関係ないかな?