4月からFラン大学に入学することが決まりました。(推薦なので蹴れない) 今思えば後悔しています。

就職活動 | 大学2,682閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

3人が共感しています

ベストアンサー

17

17人がナイス!しています

具体的な時期までご回答ありがとうございます! まずは業界研究ですね。当方事務を希望してたんですが現実は中々厳しそうです。今からでも営業にシフトできるようバイト等でコミュ力を鍛えていきたいと思います!ありがとうございました!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様長文でのご回答ありがとうございます。これからは定期購読やコミュ力育成に力を入れていきたいとおもいます。 今回は具体的な時期までご回答してくださった方をベストアンサーにさせていただきます。 みなさん本当にありがとうございました。

お礼日時:2020/11/17 17:57

その他の回答(3件)

4

やる気満々ですね。 ワタシがお勧めしたいのは、週刊の経済雑誌を定期的に読むことです。代表的なのは、東洋経済、エコノミスト、週刊ダイヤモンドあたりですが、ペラペラで薄いですので、何かを定期的に毎週買うとか、興味ある特集のある雑誌を代わる代わる毎週買うとか、決めて。 経済金融用語も全く意味不明で「読む」のが最初は辛いかもしれませんが、ずっと読んでいれば、何度も何度も出てくる用語など勉強しなくとも意味の見当がついてしまいますし、慣れてきます。なによりも「旬の経済」テーマが分かります。企業もたくさん出てくるので世の中が広くなります。見る目も養われます。ひいては生きた就活の基礎が作れます。そして読み慣れたころ、ご自分がどのような業界へ行きたいとか、そういった自分の方向性を決めていく一助ともなるでしょう。何かの足掛かりがないと、これがなかなか難しいのですよ。ウチの愚息のように幼稚園のころから「働く車を作る」と決めて、その企業に入社したという世話のない奴はレアケースですから。 そのFランとやらで何を専攻されるかわかりませんし、経済ではないかもしれませんが、このあたりの雑誌を普通に読めるのは社会人(ビジネスマン)としてのたしなみでもありますから、お読みになるといいですよ。最初は「修行」に近いですけれども、積み重ねの力というものは本当に大きいですから、自分にこうしたことを「課す」のも必要です。これ3年間購読したら、それはそれでりっぱな「ガクチカ」です。 趣味も「芸は身を助く」で、サークルをおやりになるなら徹底的にやってください。 ワタシは、何をやろうと、ご自分が学生時代に「自分はこれをやったんだぞ。やってきたんだぞ」とヒトに語れるような日々を過ごすことが重要と考えています。 さらに、就職スキルを作ることでなく、自分を磨くことが就活への道を切り開くと思っています。 日本には、大企業ばかり見なくとも、新技術を持っている中堅のいい企業がたくさんあって、上記の雑誌などには「は?」と思うような聞いたこともないような企業もたくさんでてきますし、こうした新興企業がこの先のトレンドを作っていくのだと考えています。このような情報は大学で「取る」ことはなかなかできませんね。 Fランでもなんでもいいですから、近将来を見抜く力を培って20年後の勝ち組企業に入りましょう。現時点の勝ち組企業は一流大学の学生に任せましょう。

4人がナイス!しています

当方経営学部です。雑誌を定期的に読むようにする。初めて聞きました!確かに社会人としての嗜みや文章力を身につける上で大切なことですね。今からでも徐々に読んでいきます!新しい観点からのご回答ありがとうございました。

3

Fランク大学生が就活で圧倒的に他の一般大学生に劣るものは基礎学力です。 基礎学力とは大学生レベルの文章力とSPIのようや基礎計算力、論理力をいいます。 彼らの文章力は本当にひどいものでして、日本語の形をした何かでしかありません。 なので、 基礎学力の向上 及び 社会人に話せる経験 を積んでください

3人がナイス!しています

3

来年から学生なんでしょ? なら今から1年頑張って勉強して他大に編入すりゃいいのに 2年次から他大編入なら推薦も別に関係ないし、就活も今よりずっと楽になるでしょう 編入できたらサークルも趣味もやればいい

3人がナイス!しています