終戦間際、日本は大和を沈没させ、設計図等も処分しましたが、なぜ日本は大和の詳細を隠そうとしたんですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(9件)

0

海軍の上層部の考えは、一旦戦争が終わるとしても、また欧米と戦うときに備え、軍事機密を渡さないよう設計図の焼却処分を命じたのですが、実際にアメリカが驚くであろう技術は、主砲塔を回転させる水圧ポンプぐらいですかね。しかし日本海軍の上層部が大和を過大に評価しているから、アメリカにパクられたくないと思ったということです。

1

敗戦や占領危機の場合、大和型に関係なく、陸海軍・政府が、全ての機密書類を焼却破棄するのは、世界共通の敗戦予定国の行事です。

1人がナイス!しています

1

大和のデータを隠滅しようとした訳では無くて海軍省の命令で 軍機書類の焼却が行われたせいで外見写真すら軍機だった大和型の全てが焼かれました つまり軍機指定物は他の物も全く残っていませんし 混乱の中で軍機密や軍極秘指定物も巻き添えで焼かれました 現在目にする兵器図面や写真は八月十五日の処分を運良く逃れた物だけなのです

1人がナイス!しています

1

責任回避のため。 図面があると占領軍ににらまれると思ったからです。

1人がナイス!しています