ID非公開

2020/11/17 20:24

55回答

上皇の住居を"院"といいますが、この"院"とは仏教寺院のことでしょうか?

日本史24閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/18 21:24

ありがとうございます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様のご回答ありがとうございました。 お世話になりました。

お礼日時:2020/11/25 21:34

その他の回答(4件)

1

「院」は複数の建物が有機的に組み合わされて何かの機能を持つ施設、あるいは大きな堂宇に付属施設がついたものです。 上皇などの住居は上皇の公務のための建物、事務官僚の執務の建物、上皇の私生活の御殿、正室と嫡子の住宅、側室の住宅、護衛の武士の詰所などの建物が有機的に継がっていますからまさに「院」です。 お寺では住職のみか数人の僧侶がいる最小限の信仰施設が「寺」。複数の寺が集まり、総括する僧侶や執事などがいる大がかりな信仰施設が「院」です。知恩院など。そして院を一つの山や丘に建設し、荒行なども行えるまるごとの信仰の道場にしたのが「山」です。比叡山、高野山など。 入院棟、外来棟などが有機的に結合した医療施設が病院です。病院でない医療施設は診療所ですが、開業医をおだてるために医院といってますがこれは大袈裟。 本会議場という大きな堂宇に、委員会室や事務局オフィス、各政党のオフィスが付属したものが衆議院、参議院です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/20 16:44

ありがとうございます!

1

出雲大社には「分院」があります。 また皇室でも「院」を用いますが、これらは仏教とは関係がなく 高貴な人、神がおわす場所という意味です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/18 21:24

ありがとうございます!

1

院とは上皇・法皇・女院などの御所のことで、お寺とは違います。 その院に住んだ上皇や法皇が独検をもって政治を行ったから院政です。 (そもそも院とは高い垣にかこまれた大きな建築物です。)

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/17 20:44

ありがとうございました。

1

奈良県に賀名生という南北朝時代の上皇の住まいがあります。 院は付いてませんが、 寺で偉いのは座主など坊様だと思いますが‥

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/17 20:44

ありがとうございました。