端午の節句の起源は韓国だというのは本当ですか?

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

端午とは文字通り「端が午(馬)」ですよね。 これつまり毎月の最初の午の日という意味です。しかし端午の午と数字の伍が同じ音なので、5月を特に祭りの日としたわけです。それに奇数の重ねを縁起がいいとされましたから。これらはすべて漢字の国である中国の発祥です。 それに端午の節句はすでに奈良時代には中国に存在しましたし。挑戦という国名そのものが室町時代になってからですから、まだ高句麗の統一すら無い時代の話ですから問題にもなりませんよ。 まぁ時代錯誤は韓国のオハコですから、放置しかないですね。

0

そうですよ。 ユネスコの無形文化遺産に登録されていますから。 一応、彼らの主張を載せますと・・・ 中国の端午節で行われるボートレースは韓国にはないし、中国ではちまきを食べるのに対し、韓国では「スリチ餅」と呼ばれる緑色の蒸し餅を食べる。また、そもそも江陵の端午祭は、豊作を願って山の神に祈りをささげた祭祀が始まりだという。中国ではなく、古代、現在の江陵の北の地域にあった部族国家の「五月祭」が元との説だ。 とのこと。 中国と韓国の端午節の内容が違うのだから、中国由来ではない。 中国由来ではないのだから、韓国起源である。 という彼ららしい論法です。

0

まあ、地球どころか宇宙の起源が韓国だと韓国人は自慢しているようですので端午の節句もそうなんじゃないでしょうか。 韓国内で起源を主張されてる分には周りの人は誰も不快な気持ちにならないので勝手にやっていただいて結構だと思います。