ID非公開

2020/11/18 23:40

44回答

サッカー部です。

サッカー33閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

予測・体の入れ方。 スピードをカバーする為には反応を早くするしかないので、相手との距離感(間合い)を見ながら相手が抜きにくる瞬間を見逃さないようしっかり予測して体を入れることです。長谷部なんかはこれが抜群にうまいと思います。 粘り。 もし外から抜かれてもあきらめないことです。相手はボールコントロールもしなきゃいけないし、敵・味方・ゴールの位置を確認しながらのプレーとなります。全力で追うのはディフェンスの指名です。

0

☆科学的にムダのない効率よくネイマール、イニエスタ、メッシレベルにステップアップしていく練習システム フットボールネーションって本格派、非凡なトップアスリートとどこにでもいる一般的な選手のボディーコントロール格差に注目したスポーツ医学、トレーニング理論に準拠したサッカーマンガ https://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=6999 ょんで血の通った形で実戦活用させたり、 https://youtu.be/nwIMhknRp5I https://twitter.com/foot_brain/status/1073804998524395521?s=19 テレビ東京『フットブレイン』 黎明期(レイメイキ、始まったばかりの時期)つまり、女子W杯制覇の土台造り時代に、なでしこJAPANも本気で本腰をいれて取り組んだゆるトレーニング特集 長友も自己流とはいえ、メッシに近づくために取り入れている ゆるトレーニング今まで個人練習のウォーミングアップ・肩慣らし、足慣らし、ボール慣らしに取り入れてみたり https://www.dailymotion.com/video/x1npuwb 『 NHKスペシャル ミラクルボディー W杯のヒーローたち』 この手の動画(ネイマールやイニエスタ、トップアスリートのフィジカルの極意の科学分析)で分析されているよう足の甲のスイートスポット指で捻ヒネったり、油性ペンで黒●着けて新聞ボール実際の試合中様々なシチューのシュートライン、シミュレーションしながら蹴ったり、板につくまでイメージトレーニングに10回でも100回でも視聴させたり 「ジンガとは体中の筋肉が体とシンクロする動きのことで 体が伸びやかになるんだ シンガはサンバに通じている。その“ブン、ブン”というリズムはブラジル人の心臓とシンクロする。サンバのリズムで気持ちも高揚してくるのさ。ブラジルの選手はボール無しでもドリブルをしているように体を揺らす。サッカーは体とリズムによるもの なんだ。止まっていてはダメなんだ」ネイマールの少年時代のコーチ、ベッチーニョ氏がネイマールに伝授したブラジルサッカーの極意、即ちブラジル人からしたらゆるゆるに緩んでのびのび蹴ったり走ったりすることが小手先?小足先?のテクニックや生なかの筋量体幹以前に、それも重要だ蹴れど、だ蹴れどまずもって最重要課題と捉えている。 https://youtu.be/zIsGZ0Kem0A メッシ並にボールをペトペトぺとぺと……っとまとわりついてくるように一体化して扱う極意(ゆるトレーニングのシメに) 将来少しずつ、何かしらでも、日本サッカー界が、彼ら世界トップアスリートと同じように、高く伸びやかかつしなやかな銀柱(美しいシルバーのセンター)に支えられ、尻に帆を張り、背中からさっそうとした風が吹き抜けるような、さながらあれよあれよとしょうがい物や荒波を四方八方を縦横無尽(じゅうおうむじん、自由自在に物事を進める)に無双する ヨットのようなごやく進を願いつつ

画像

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B000HWY2NW/377-0006759-3023906(完全版DVD、日字幕) http://m.youtube.com/watch?v=NqG41OfCVVs(短縮版動画、英字幕) 『ジンガ ザ・ソウルオブブラジリアンフットボール』 これが、ペレやカカ、ロナウジーニョやネイマールを生み育てたサッカー最強国ブラジルのフリーな練習スタイルにして、日本式のじんがごっことは天と地ほども違う本家本元、本来のGINGA

画像
0

ドリブルする人との距離感があれば外を抜かれてもボールと相手の間に身体を押し込めば取れます。