回答(2件)

0

独占業務が違います 会計士は会計監査、税理士は税務業務全般 会計士の魅力は何といっても上場企業の会計監査に携われることです また、IFRS導入支援などに携わることもできます 加えて、税理士登録することで税理士業に従事することも可能となります 税理士の魅力は大企業相手であれば国際税務や組織再編税務、 連結納税など高度な業務に携われることです また中小零細企業相手であれば税務支援ですね

0

魅力と言うか、 税理士は貧乏、公認会計士は不正 と言うイメージがあるわ。