ID非公開

2020/11/20 23:37

44回答

LinuxのISOイメージについて質問です。

Linux系22閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、ご回答くださってありがとうございました。

お礼日時:2020/11/27 11:52

その他の回答(3件)

0

誤解を避ける表現を企図すると 「データファイルとして保存するのではなく」 と書いたほうがいいんじゃないかと思います。 「イメージとして書き込む」という表現も RAWとして書き込むといった表現も 前提となる知識が必要になるので… 強いて言えば、その知識込みで説明すべきところです。 もともと、CDやDVDは書き込みができない媒体でしたし CD-RやDVD-Rなどへの書き込み手段も一つしか無かったんですが パケットライト形式が考案され、選択肢が増える=間違うリスクが生まれました。 決定的なのは、Windows Vistaがパケットライト形式を ライブファイルシステムと称して、標準機能にしたことで 飛躍的に、Linux系OSのインストールディスク作成に失敗する人は増え また、Vista時代に最大シェアを持っていたXPでは読めない円盤として くだらない質問を、知恵袋やOKWAVEなどに数多積み上げてしまいました。 あげくXPで追加ソフトが必須となるためか USBメモリーがデータ交換の主流となり ライブファイルシステムはトラブル要因でしか思っていない人もいます。 ライブファイルシステムがなければ、パケットライトソフトが必要で そのソフトを使うことで、自然と基礎知識が与えられるはずでした。 データファイルとしてISOファイルを保存するトラブルはほとんどおきず 無事、ISOイメージからのインストールディスク作成に成功できていたはずです。 初期のパケットライトにはトラブル要因がありましたが UDF規格が整備されることで、トラブルは減り Linux系OSやmacOSでも利用できるようになっていますが ほとんど話題にならないために 二種類の書き方があるという知識も埋没してしまいました。 にも関わらず、Windowsでは10になってなお ライブファイルシステムを積極的に使おうとする仕様で トラブル要因を生み出し続けています。 ともかく、本来の書き込み方法は、マスターを作成するため Windowsではマスター形式と呼んでいます。 ISOBURN.EXEコマンドを使うことで、手軽に確実に マスター形式で書き込むことができますし Windows標準のファイルマネージャーからも右クリックで利用できます。 Linux系OSなどでも、ファイルマネージャーから書ける場合がありますし DVD-Rなどに書き込むためのソフトもいろいろありますし 当然ながら、growisofsコマンドで書くこともできます。 同じようなことは、USBメモリー(USBフラッシュドライブ)にも言えるのですが Windowsには未だ、USBメモリー向けには ISOBURN.EXEのようなコマンドが無いようです。 似た用途を持つMicrosoft製ソフトはありますが それはWindows 8.1や10のインストールディスクイメージ用で たぶん、Linux系OSのインストールディスクイメージには転用できません。 そういうわけで、Windows向けには そのためのソフトがいろいろ配布されています。 Linux系OSのインストールディスクは、現在ではDVD-RでもUSBメモリーでも 兼用として機能するものが一般化しているので Linux用にも、専用ソフトが無いわけではありませんが 標準のddコマンドで済ませられるようになっているので たいていは、それで済ませているんじゃないかと思います。 使い方もgrowisofsに比べても難しいわけではありません。 ただしddコマンドの使い方を間違うと 致命的なシステム破壊やデータ喪失が起こります。 どちらもデバイスファイルについての基礎知識が無ければ うまく使いこなせない場合があります。

0

データとして書き込む、とは、つまり、そのisoファイルを、ただ単に、DVDの中に一つのファイルとして書き込む、要するに、書き込んだあと、ファイルマネージャーでディスク内容を確認すると、ディスクの中に、〇〇.isoがぽつんとある状態です。 イメージとして書き込む、とは、ディスクイメージライターを利用して、イメージのデータをディスクに書き込んだ状態です。 isoファイルは、仮想的なDVDだと思ってください。その仮想的なDVDを、実際のDVDに書き込んで、本物のDVDにします。 この場合、ファイルマネージャーで読み込むと、いくつものファイルができているはずです。

0

ファイルとして書き込むのではなくディスクイメージとして書き込むということでしょう。