マンモスって人間の狩猟で絶滅したんでしょうか? 現存する象でも銃がなければ一苦労だろうし、ましてや石器しかない、個体数も少ないであろう原始人が絶滅させるほどの影響を与えられたのか疑問です。

動物 | 世界史59閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:2020/11/27 20:36

その他の回答(5件)

0

●繁栄していたマンモスは、人間が裁縫技術を会得すると、防寒具に身を包んだ人間に襲われて、ほぼ2千年の間に滅亡しました。 ●人間は手作りのヤリでマンモスを襲い、追い立てて、崖から落として殺しました。

0

当時の人間の規模と力だけでは無理です。但しウルム氷河期が終わり寒冷対応の生物は環境に適応出来なくなり個体数を減らしたと言います。 少なくなったマンモスを駆っていた人間が止めをさした可能性はあります。

1

当時のホモ・サピエンスは、人口の面から言っても、道具や技術の面から言っても、集団行動の規模から言っても、よほど狭く特殊な環境(例えばニュージーランドの様な島国であるとか)でも無い限り、種を絶滅させるほどのパワーは無いと思いますよ。

1人がナイス!しています

0

人による狩猟も理由の一つに挙げられていますが、他に気候の変動による環境の変化も原因とされています。 氷河期には降雪量が少なく、マンモスステップと呼ばれる草原地帯は冬でも雪に覆われることがなかったので、マンモスは一年中、草を食べることができた。 ところが氷河期が終って気候が温暖になると、、かえって降雪量が増えたため、草原は冬には雪に覆われるようになり、マンモスは餌が食べられなくなった。 また、降雨量も増えたので、マンモスの生息に適した草原地帯が森林に変わったのも原因だと言われています。

0

毛だらけ、で象が厚着しているような 感じ、のマンモスは氷河期には、その 毛モジャモジャの体が気候に適応して いたが温暖化で、そのナリが逆に 熱中症を、よく起こし体温高熱化で 死ぬことが多発して絶滅したのでは。