ID非公開

2020/11/21 13:22

22回答

Ryzenとか、Radeonってベンチマークのスコアは高いけど、実際は数値ほどの実力が出ないって本当なんですか?

パソコン23閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/11/21 13:57

その他の回答(1件)

0

私見を含みます。 ベンチマークは性能指標として参考にできますが、実際とは違います(利用するソフトでベンチスコア同様の結果が出るわけではありませんしベンチマークソフト単位で結果に違いがでます)。 AMDが公表している内容に嘘はありませんが、話題性が高い部分を抽出して公表している様に思います。 例: 解釈次第ですが、Ryzenは7nmプロセスのCPUですが7nmで製造されているのはCCDチップレットで核になるInfinty fablicチップレットは12nmプロセスでCPUパッケージ内にCCDチップレットとInfinty fablicが実装されているので厳密には7nmプロセスのCPUではないと評価する事も可能です。 8コア以下のRyzenはCCDチップレット1個+Infinty fablicチップレット1個ですが8コア超のRyzenはCCDチップレット2個+Infinty fablicチップレット1個なので8コアを境にリニアなスケーラビリティが得られません。 モノシリック構造のIntel CPUと違い木(Infinty fablicチップレット)に竹(CCDチップレット)を継いだハイブリッド構造です。 Radeonも同様にゲーム性能が強調されていますが、動画のハードウエア再生支援の対応状況など詳細で正しい情報を公表していません(nVidiaの下記URL同等な情報をAMDは発信していません)。 https://developer.nvidia.com/video-encode-and-decode-gpu-support-matrix-new

追記 RyzenやRadeonはユーザーが期待する処理能力を得られない可能性を示唆しています。 Ryzenに最適化されたソフトが今後出る可能性もないかと(Infinty fablicを有効活用する事が求められるので互換性問題が発生する可能性を否定できません)。