個人年金のつくりかた。ある銘柄の3,000株の株式投資で、配当50円ありますので、3000株*50円=150,000円/年です。

経済、景気 | 家計、節約106閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/25 21:30

その他の回答(4件)

0

配当は利子じゃないんだから 次年度いきなり「無配」になるかもしれない。 たとえばさ まだまだ偽民営の日本郵政でさえ 「配当維持できないかも~って発表して」株価暴落してたでしょ? あそこは株価維持(上昇)させないと国が株を放出できなくてこまるのに(国がこまる案件なのに)配当無理無理~とか平気でいっちゃうわけですよ。 ま・・今回は結果として配当出すことにはなったけど さて・・いつまで続くか ましてやガチンコ民営(一般企業)なんて 数年ならともかく5年後は10年後は 本当にそんな配当維持してますか?絶対? そして無配になるようなら、当然株価も暴落してるでしょう 年金どころか資産を目減りさせて終わり なんて未来も往々にしてある そんな未来が「0」ではないことを認識したうえでの プランニングならいいと思いますが 「0」(もしくはほとんどそんな可能性はない)と考えてプランニングなら家族はかわいそうです。

1

ちょっと微妙な感じです。なぜかと言いますと、元本が書いてないのですが、多分配当利回りがそこそこ高いのだろうと思います。すると、成長率が低いはずです。株価にしても、配当自体にしても両方とも企業業績にリンクするものです。つまり、利益が減って行くと、配当も減りますし、株価も下がります。ですから、持っている企業が5年、10年単位でもわずからながらも利益が増えるような会社ならいいと思います。しかし、成熟、あるいは縮小するような産業、企業であると、配当は減るは、株は下がるがということになりかねません。配当はあくまでも絵に描いた餅のような性格がありますので、あくまでも成長する企業という前提なら、ずっと保有というのは正しいものですが、その辺りはきちんと詰めておかないとだめでしょ。適当に大企業だし、よく知っているし、いい会社だし、とかいう理由が一番危険です。

1人がナイス!しています