しつこい反原発バイトが「10ミリシーベルト以下でも甲状腺ガン多発!」と、あいもからわず叫んでいるみたいですが

画像

5人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

その他の回答(1件)

2

放射線被ばく以外は ①遺伝的要素 ②ヨード不足 が多いとされています ヨード不足は食品のヨードを添加する事で解決しようとする国もあるようです。WHOも重視して推奨している様です 甲状腺ガンに子供が罹患をしても殆ど死ぬことはありません。日本全体で数年に一度のペースで一人程度死者が出ますが、医学の進歩でほぼ死ぬまで進行する事は稀になっています 従って子供にスクリーニング検査を受けさせて甲状腺ガンを早期発見すること自体無意味なのです。日本ではヨード不足はないので遺伝的な原因があるのかも個々の場合はわかりません。放射線影響は医療上強い放射線を与えると廻りの部位でリスクがあがると言われてますが甲状腺疾患を治療するために選択した結果です。ただし確たるデータは見た事はありません このことが理解できないのが知恵袋にはいますが数人程度でその上政治問題化しようとあがいていますが普通の日本人なら相手にしなくなっています グラフの読み方もニュースの読み方、新聞の読み方も、全て知らないんじゃないんですかね 大人も含めて甲状腺ガンでの死亡数は増えていますが半分は86才以上です この86才以上の人が増えているので甲状腺ガン死亡者も増えていますが近年は頭打ちに近い様です

2人がナイス!しています