三国志の曹操は、劉備が諸葛亮を得ていなかったら天下を取っていましたかね?

中国史189閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/27 12:57

その他の回答(9件)

1

自分は諸葛亮の存在自体は、曹操の天下取りに直接的な影響を及ぼしていないと思っています。 どちらかと言えば魯粛ですね。彼は元々友人の劉ヨウと共に魏に行こうとしていたのです。これが実現していたら、呉蜀同盟も赤壁も起きなかった可能性があり、荊州と同じように呉が魏に降伏していた可能性があります。 これだと曹操一代で天下統一できていた可能性が大いにあり、魯粛が呉に行ったのは非常に大きな分岐点だったと思います。

1人がナイス!しています

1

想像もつかない理由で、諸葛亮が孫権や劉璋についてたら難しいと思います。タラレバですが諸葛亮がどんな人生を歩むかで多少の影響はあったかと思います。

1人がナイス!しています

3

たぶん、そうなってたと思います。 荊州はまんま曹操に降伏したでしょうし、劉琦だって諸葛亮の献言で江夏(夏口)に駐屯していました。諸葛亮の深謀遠慮なのか、これが赤壁の際の劉備軍の主力になるわけで。 諸葛亮がいなければ、劉備は交州へ逃れて終わってたでしょう。 赤壁の戦いは、曹操側からすれば、荊州平定の最後の仕上げとして、油断ならない劉備を討伐するものです。 劉備陣営はその先手を打って孫権と同盟を結び、結果的に周瑜の活躍がありましたが、曹操側の認識では劉備が大将です。 ただし、赤壁では劉備はほとんど戦ってないとは思います。その後ですね、劉備軍が働くのは。 まあ、それはそれとして、諸葛亮がいなければ劉備は交州へトンズラです。 荊州は難なく曹操が平定するでしょう。そうなれば呉も詰みます。 呉がそれを分かって、曹操の占領が行届いていない荊州に電撃戦を仕掛ける可能性はないこともないでしょうけど・・・どうでしょうね。 かりに赤壁同様に呉が勝っても、その先、益州を曹操が征圧すれば、やはり呉は詰みますからね。劉備不在では益州はほぼ間違いなく曹操が手に入れるでしょうから。

3人がナイス!しています

1

曹操の赤壁の敗戦にその2人はほぼ関わってませんけど。で、赤壁の敗戦があるなら曹操の一代での統一はまず不可能なんですがね?

1人がナイス!しています

2

天下を取ってたと思います。 陳寿の三国志等を見る限りでは 赤壁の戦いの主将は周瑜じゃなく劉備であり 開戦の決め手となったのも諸葛亮の説得でした(唯一江表伝という歴史書のみ机を切って開戦しただの劉備は戦わなかっただの 周瑜が主将だの劉備陣営の影響を軽視して描かれてます) 仮に諸葛亮がいなくても開戦して孫権側が局地戦で勝ったとしても 孫呉は荊州を維持できないと思われます 荊州目線の人から見れば殺し合いしてきた呉よりは曹操に降伏する方がマシだったと思われます

2人がナイス!しています