ドラマ「35歳の少女」 母親の多恵、可愛そうではありませんか?

補足

ご回答ありがとうございます。 母親の多恵が、無表情な理由をずっと考えています。 掃除をしていて、階段でしたか、そこで足を怪我したという話しを愛美は多恵本人から聞いていました。一人で住むには広すぎるから家を売りたいと言った多恵に、お姉ちゃんがいなくなったから売るなんて言い出したんでしょなどと愛美が言い出したのには驚きました。 怪我をしたことで、四人家族で住む予定で建てた家を、一人で、仕事もしながら維持していくのが大変になったと感じたのではとか、そうしたことを全く考えずに自分の気持ちばかりを言う次女愛美にも、元夫の進次にも呆れてしまいました。 何故母親の多恵は名前の通り多くを与えるばかりのこんなに辛い設定なのか。 25年間、望美は眠っていたけれども、愛美と進次は多恵と暮らしたりしてきたのに、と思います。

ドラマ33閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私はこのドラマを興味深く見ています。 この先、疑問を感じているキャラクターについて何かドラマの中で語られることがあれば良いなと思います。 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/26 21:51