キャプテン翼連載当時の日本のサッカー事情について教えて下さい。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳細に丁寧で分かりやすい説明ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/28 7:42

その他の回答(2件)

1

1980年代の日本ではサッカーは人気もなく、プロのリーグもありませんでした。しかし1986年には「スペシャル・ライセンス・プレーヤー」という、事実上のプロ契約を認める制度ができましたので、サッカーのみで生活している選手もいましたよ。 余談ですが「スペシャル・ライセンス・プレーヤー」などという長ったらしい名前にして「プロ」という名称にしなかったのは、長年アマチュアリズム至上主義だった日本サッカー協会がプロ化に強く反対していたからです。今からすると本当にくだらない話ですが、当時はそれほどプロ化に抵抗する人たちが多かったということです。 ブラジルにサッカー留学してプロになった人も実際にいます。 水島武蔵さんです。キャプテン翼のモデルとも言われている人です。 三浦カズ選手などもブラジルに行ってプロになりましたね。 それから中学年代の全国大会は当時からありましたよ。

1人がナイス!しています

1

プロリーグもプロチームもなかったけど 個人でプロ契約していた選手はいたので サッカーのみで生活することは可能でした 未成年で海外留学してプロになった例はカズ1人くらい 成功例が1人なので現実的とは言えないとも言えるし 成功例がいるんだから現実的とも言えるとも言える 中学サッカーで全国大会はあったけど参加は32チームで予選は県別ではなかった。U15の世界大会はなかったけど国際大会はありました。キャプテン翼の大会もブラジルが出てないように世界大会ではなく親善大会でした。

1人がナイス!しています