ww2ドイツ国防軍は、ウール製の略帽、野戦服を使っていたらしいですが、夏はどうしてたんですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

1

英国近衛兵の赤い制服は知ってますよね あれ、夏服ですよ 冬はあの上にグレーの外套を着るんです ヨーロッパは乾燥してて夏も日陰は寒い位なんですよ

1人がナイス!しています

0

ヨーロッパの気候は日本よりも寒冷でほとんど一年中ウール製の野戦服を着用していましたが、真夏や地中海方面では麻のリードグリーンのHBT野戦服を着ていたそうです。 これの実物は私もコレクションとして所有していたことがあります。 サバゲーで使われるなら、日本の気候を考えると春から夏にかけてはこのHBTの野戦服を使われるといいでしょう、洗濯も自分でできますからドライクリーニングが必要なウールの野戦服よりも使い勝手がいいでしょう。 購入はご存知でしょうがS&Grafとかカンプバタリオンなどから。

0

基本的には一年中ウールです。 ヨーロッパの気候は夏でも最高気温が20℃前後で、夏自体も短く9月になればすぐに寒くなります。 日本の夏とは違って涼しいのです。 アフリカ戦線やロシア南部など、熱帯地方の部隊向けの夏季用野戦服は存在しますが、一般の大半の部隊の野戦服はウールでした。 階級は考えていないということですが、シェブロンを付けているという事は上等兵になります。 上等兵なら拳銃は不要ですしMP40やMP41も持てないと思われます。 また、フィールドによってはダミーでもナイフや銃剣を持ち込めない所もありますので、行く予定のフィールドのレギュレーションをチェックしておくことをおすすめします。