回答受付が終了しました

はじめまして、社会保険料や税金について教えてください。

社会保険 | 税金316閲覧

回答(2件)

2

出来るだけ社会保険料と税金を父母に払わせないようにする、というのは理解できない思考ですね。 払わせても、それ以上稼げばいい話では? 稼いだ以上の税金や社会保険料なんて有りえません。 つまり、それ以上は働きたくない、今と同じくらいなら父母は払えというのでしょうか? 親への優しさのかけらも感じない発言ですね。 扶養とは税金の扶養控除という事で、扶養者1人当たり一定金額は父の所得と見ないさないという事で、所得が減るので所得税が減ります。 住民税も同様です。 そもそも、扶養控除を入れて所得税が減るという事は、納税する親の所得税が有るからの話です。 一流会社勤務で重役になった親の年金額ならそれなりの所得税が発生するでしょうが、そうでなかったら妻も居る事ですし非課税の国保料負担も有るし納税額は0円かほぼ0円でしょう。 0円以下の数字は0円どまりですから質問者を扶養控除に入れても無意味です。 社会保険と言っても年金受給者は国民健康保険なので、扶養と言う概念が有りません。 質問者は自由に稼ぐべきです。 親へ請求される国民健康保険料は増えますが、その分は親に渡せばいいのです。 前に書いたように稼いだ以上の負担は有りません。 質問者は勤労学生控除が使えるので130万円までは非課税です。 世帯分離なんて小賢しい事は無用でしょう。

2人がナイス!しています

1

お父様が退職されているならばすでに健康保険の扶養にはなっていません。現状では皆さん同じ国民健康保険に加入していると思いますが、世帯主(おそらくお父様)が支払っている健康保険料は、質問者様の分も含まれています。なのでお父様に負担をかけたくないのであれば「世帯分離」を役所で届けてください。そうすれば質問者様の保険料は別に請求されるようになります。

1人がナイス!しています

アルバイトを始めるならば社会保険に加入できる働き方をして、ご両親を扶養に入れてあげたらいいともいますよ。そしたらご両親の健康保険料の負担もなくなりますから。