ここから本文です

生命保険の見直しを考えています。 夫婦共に36歳 子供11歳と9歳 主人は会社員で...

bdn********さん

2009/2/2317:51:34

生命保険の見直しを考えています。
夫婦共に36歳 子供11歳と9歳
主人は会社員で手取りは月平均35万円で私がパートで6万円です。
持ち家で団体信用保険加入

先日、保険クリニックに相談に行きました。
現在は、夫婦共に更新型の終身保険に加入していて
ほとんどが掛け捨てで、60歳まで払ったとしても終身を買うのは5年分の保険料を一括で支払わなければならないと聞きました。
主人の保険(15000円)私の保険(9000円)少し高いと言われました。

担当の方が提案してくれた内容です。

[万が一の保障]
三井住友海上きらめき
収入保障保険 リビングニーズ特約
保険期間、払込期間ともに65才満了。
給付金額は基本月額15万。
◎保険料は月額7635円。

[入院時の保障]
アリコ
生活習慣病保険I型(180日型)日額10000円。
医療特約、生活習慣病保険用(60日型)日額10000円。
手術(病気・ガン・災害時)10万。
払込期間は60才、
保険期間は終身です。
◎保険料は6810円。

[終身]
アリコ
円建保険金額保証特約付新終身保険(米ドル建)
5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険
死亡時、高度障害になった時に500万円。
◎保険料は9235円。

良い保険だと思うのですが月々の保険料が高いので、私なりに必要最低限の保障で考えて
考えてみました。アドバイスお願いします。

医療保険は
[オリックス生命・キュアS]
七大生活習慣病による 1入院(120日型)日額5000円
その他の病気・ケガ 1入院(60日)日額5000円
死亡時、250万円。
手術給付金10万
払込期間は60歳払済。
保険期間は終身。
◎保険料7305円

これだけでは、不安なので掛金の安い県民共済に加入を考えています。
[県民共済]
入院日額5000円
死亡400万円~1000万円
◎保険料2000円


万が一の時は、パート収入プラス4万働くとして、
・遺族年金が妻と子2人で、第一子18歳までの7年間(月15万円)とパート収入(10万円)で計25万円
・妻と第二子18歳までの2年(月13万円)とパート(10万)で計23万
・妻のみ遺族年金(5万5千円)とパートで計15万5千円

子供は高校卒業とし、大学は考えていません。
初めは収入保障の加入を考えていたのですが、遺族年金など算出していくうちに
入らなくても良いかと思ったりもします。
生活できるとは思うのですが、必要ですか?アドバイス下さい。

それと、主人のがん保険ですが、現在はセコム 自由診療「メディコム」に加入しています。
担当の方は、このままの保険で良いのではとの話だったのですが、保険料が上がるタイプなので、出来れば
保険料一定の保険が良いと考えています。
日本興亜生命やあんしん生命が人気あるようですがメリット、デメリット教えて下さい。

閲覧数:
2,450
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2009/2/2402:57:23

>初めは収入保障の加入を考えていたのですが、遺族年金など算出していくうちに
入らなくても良いかと思ったりもします。
生活できるとは思うのですが、必要ですか?

この感覚、大事です。何となくみんなが入っていそうで、入るのが当たり前で、入っていないと「えーっ!保険入ってないの?」と言われそうで、あまり友達同士で保険の話はしにくく、情報は保険を売っている立場の人からしか入ってこない。

保険に入る、という前提と、必要なものにしか保険は入らないという前提では、かなり加入の仕方も変わってくると思います。

私もこれまで保険セールスの言われるまま、何となく納得して加入していましたが、最近見直し、本当に必要なもの、あえて保険料を払ってまで加入しないといけないものは何かを検討しました。検討する上で、公的な保障でどこまでカバーされるのか、を知ることはとても大事です。遺族年金のことをお調べになっておられるようですが、医療保険についても、公的な保障で高額療養費制度というのがあります。医療費が高額になった場合、1ヶ月の上限を超えた部分(約8万)は100万でも200万でも戻ってくる制度です。つまり、仮に入院したときの1ヶ月の医療費8万+諸経費分を、貯蓄でまかなうか、民間の保険に頼るかという選択です。滅多にしない入院、しかも上限が決まっているものに100万単位のお金を掛けてまで保険に頼る必要性を感じず、医療保険も解約しました。
今私は60才まで毎月19万給付される定期保険(月額約5,700円)のみに加入しています。それまでより月2万保険料が浮き、老後の生活資金に600万以上上乗せできます。万一の事も大事ですが、60才、70才と生きていくことの方が可能性としては充分高いので、そっちを優先させました。

まあ見直しをされているということなので、こんな考えもある、程度に。

質問した人からのコメント

2009/3/1 00:36:06

降参 貴重なご意見ありがとうございます。とても参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2009/2/2319:24:41

保険の相談員も自分の考えがあり、お客様に良い内容と信じて勧める者、とにかく契約を取ろうとする者、保障と掛け金のバランスを取ろうとする者。

私は最善の設計をお勧めしますが、どんなに保険料との兼ね合いで保障を落としていっても、あなたの考える商品をお薦めすることは出来ません。
もっとあなたの希望を聞きながら設計してくれる相談員と良く話し合うことですね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる