口臭も温泉も、臭いの成分は同じなのに感じ方が違うのはなぜですか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:2020/11/27 7:45

その他の回答(1件)

1

https://www.hda.or.jp/disease/kosyu によると複数の臭いが混ざってるからでしょう。 口臭に含まれる不快なにおいの成分は20種類ほどありますが、なかでも揮発性硫黄化合物(きはつせいいおうかごうぶつ・VSC)は特有のにおいがあります。 揮発性硫黄化合物は主に次の3種類のガスからなります。 硫化水素(卵が腐ったようなにおい) メチルメルカプタン(生臭い、魚や野菜が腐ったようなにおい) ジメルサルファイド(生ゴミのようなにおい) 口臭はこれらのガスが混合したものなので非常に不快なにおいとなります。

1人がナイス!しています