イエスキリストを信じる人は

宗教17閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2020/11/26 20:38

その他の回答(1件)

1

パウロが書いたものから。 ・コリント第一 7:20ー23 「おのおの召されたときの状態にとどまっていなさい。 召された時に奴隷であっても、それを気にしてはいけません。 自由の身になれるとしても、そのままでいなさい。 主にあって召された奴隷は、主によって解放された者であり、 同様に、召された自由人はキリストの奴隷だからです。 あなた達は代価を払って買い取られたのです。」 ・コリント第一 15:22 「死が一人の人によって来たのだから、 死者の復活も一人の人によって来るのです。 つまり、アダムによって全ての人が死ぬことになったように、 キリストによって全ての人が生かされることになるのです。」 ・ローマ5:12 「このようなわけで、一人の人(アダム)によって罪が世に入り、 罪によって死が入り込んだように、死は全ての人に及んだのです。 全ての人が罪を犯したからです。」 ・ローマ6:16ー23 「知らないのですか。あなた達は、誰かに奴隷として従えば、 その人の奴隷となる。つまり、罪に仕える奴隷となって死に至るか、 神に従う奴隷となって義に至るか、どちらかなのです。 神に感謝すべきことは、あなた達は、かつては罪の奴隷でしたが、 伝えられた教えの基準に心から聞き従って、罪から自由にされ、 義の奴隷となったのです。あなた達は、かつて、 五体を汚れと不法の奴隷として献げて不法に陥ったのですが、 今は、五体を義の奴隷として献げて聖なる者となりなさい。 あなた達は、罪の奴隷であった時は、義に対しては自由の身でした。 しかし、その時、どんな実りがありましたか。 あなた達が今では恥とするものです。その行き着くところは死です。 しかし、今や罪から自由にされて神の奴隷となり、 聖なる者となるための実を結んでいます。 その行き着くところは永遠の命です。罪の支払う報酬は死です。 しかし、神の賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある 永遠の命なのです。」 ・エフェソ 6:6ー7 「人の機嫌をとろうと、上辺だけで仕えるのではなく、 キリストの奴隷として、心から神の御心を行い、 人にではなく主に仕えるように、喜んで仕えなさい。」

1人がナイス!しています