特許出願について。2つ質問があります。 ①私は個人です。今年の10月に派遣の会社を退職して、主婦です。去年も不要内でした。

補足

誤字すみません。扶養内です

ベストアンサー

0

いつもありがとうございますm(_ _)m >拒絶理由通知の応答期間中に、特許請求の範囲を登録実用新案の請求の範囲とは異なる内容にすれば、他の拒絶理由がなければ特許取得できます 「異なる内容」とは、請求項を一つ増やす程度でも良いのでしょうか?(その場合、明細書の内容も合わせて追加を加えて良いのでしょうか。) また、拒絶理由通知の「応答期間」とは、拒絶の通知が来てから60日のことと理解しました。 >※実用新案を同一内容で出願する事は、殆ど意味がないばかりか、特許取得できる範囲を狭める逆効果しかないため これは、実用新案で書いた請求項は全て変更しなくてはならず、同じ内容はもう書けなくなるという意味でしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方ともありがとうございました。 実用新案は出願せず、 最初から特許出願することに決めました。

お礼日時:2020/11/30 22:24

その他の回答(1件)

0

①は可能です。 ⓶は同じ内容での特許出願と実用新案出願は出来ません。 どちらか一方です。

この返信は削除されました