ID非公開

2020/11/27 17:37

77回答

親戚が土地を購入しました。

土地 | 不動産105閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

簡潔な回答ありがとうございます。

お礼日時:2020/12/3 9:31

その他の回答(6件)

0

普通は墓地が隣接する土地は購入しません。地相が悪いからです。もちろん勝手に墓石を片付けることもできません。あくまで他人の占有物なのです。

0

そもそも他人が所有する土地なので、そこに存在する墓を撤去するとなれば土地所有者の許可を得るなり、その土地を取得するなりということが前提となる筈。そしてその墓が管理者のいない「無縁墓」だとすれば、撤去の可否を判定するにも相応の手続きが必要になる。当然、時間もかかる筈だ。言い方を変えれば、金と手間暇をかければ不可能ではない訳だけれど、今のところ貴方は「自分ならとても気になるので撤去できないものかとふと思った」ということだから、その程度の動機では到底やりきれることではないと俺は思うよ。 外観的には墓石もボロボロで管理されていないのが明らかでも、土地の権利者とその墓の関係性については不明。相手が「うちも与り知らず出来れば撤去したいと思っていた」と言う状況なら、貴方の費用負担で処理するなり、権利者と折半するなり道筋は立ちそうだが、まあ後者は望み薄だろう。逆に、実態として管理は行き届いていなくとも祖先の墓ではあるというケースも普通に有り得るので、それを撤去するという提案は先方にとっては大きなお世話であり、この申し出自体が大変な失礼にあたるとも言える。なので、墓もろとも土地を買い取ってしまうというのが最も現実的な手段ではないかと。 権利関係はそんなところだと思うが、いよいよ墓を撤去するとなれば、法的な手続きと宗教的な手続きが両方ある。そもそも墓の中に遺骨があるのかも不明なんだが、もしもあるのだとすれば「改葬許可申請」という手続きが必要になり、これには墓の管理者の承諾が必要。その管理者の所在が不明となれば、まずは登記情報や戸籍情報を辿ってその所在を探る一定の努力をしなければならず、そこまでやっても手掛かりに辿り着かない場合は、官報への掲載や現地への標識設置などを経て、最低でも1年ぐらい経ってはじめて遺骨の移動と墓石の撤去に取り掛かることが出来る訳だ。墓石は所定の方法で処分するだけだけど、遺骨はそうもいかないから、貴方が新たに無縁仏として引き受けてくれるところを探し、相応の費用負担をして供養・埋葬することになる。まあ、誰の縁もゆかりもない遺骨は只のモノだとも言えるので、具体的なやり方は簡略化はできると思うけどね。どちらかと言えば改葬許可を得るまでの時間にかかる土地の維持管理費の方が高くつきそうだ。 貴方が土地を取得するという前提で細々書いたが、そこまではしないとなると、面倒な手続きと費用負担に土地所有者を付き合わせることになる。この話に現実味が伴わないのもそこが原因だろうね。 そもそも、貴方が「墓」と言ってるのはホントに墓なのかな。例えばそこに昔からある道祖神の名残だとか、地域で維持管理されていた何等かの祠が放棄されたものということはないのかね。そうなると中に遺骨なんて無いし、逆にそういうものだからこそ神職などに依頼してお祓いをするのが望ましいということも言える。あくまで心理的な問題だが、貴方の動機に照らせば省略できることではあるまい。 隣地に墓地がある土地に建物を建てる仕事を何度かしたことがあるし、そもそも土地所有者がお寺さんで、敷地を掘ったら放棄された墓石や石仏がゴロゴロ出て来たなんて話もあるが、そういう場合も上記方法で粛々と(金と時間をかけて)処理をするのだよ。今のところ遺骨が出てきたことはないけどな。そもそも貴方は、ボロボロの墓所が見た目的によろしくないという動機でこの質問をしているから、それをどうにかする方法を考えれば良い訳だけれど、上記俺の経験上だと、墓所はそこまで忌避すべきものなのかという疑問もある。だって、墓があればそこには高い建物は立たない訳だよ。現況としての眺望(あくまで水平方向の「抜け」という意味でではあるが)や日照は保証されている様なものだし、そこに草木が繁れば却って風情というものも宿ることがある。いずれにせよ、ご親戚がどう考えるかという問題であって、もしも貴方がそういう局面にたった時は金と時間を費やすかどうかをご自身で考えればいい。

0

それ程新しくなければ気にもならないのではないですか。私ならオブジェとして考えますね。神社のそばだと思えば問題ないですし京都などはそういう所も多いですし京都でなくてもうちの周りのもありますよ。みんな気にしていないです。

0

まあ、墓地は未登記のことがあり得ますね。 公然、平穏に占有すれば時効取得の可能性がありますが、所有の意思を持って、なので、本件では基礎の権限が無いので、掠奪などの意思が無いといけないです。 また、入会権が有ったりすると、入会権には対抗できないですね。 質問者様が所有権を取得しても入会権が物権なので、入会権の負担は応じなければなりません。