ID非公開

2020/11/27 17:50

55回答

警備員について詳しい方、回答おねがいします。

補足

例3は片側通行で危ないですよ、止まってくださいの赤旗です

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

ID非公開

2020/11/27 18:43

いずれも、警備業者と警備員の両方とも責任はありません。 このようなスレが立つと、平成24年の川崎麻生区での事故が例に出されますが、判決文が刊行されないので詳細は不明ですが、警備業協会が裁判を傍聴していました。 事故を起こした女性警備員は、信頼が全くなかったこと。 また、ワタリと呼ばれていますが、所属警備業者が通算3社目で、法定教育をまともに受けていなかったのではないか。 2人で片側交互通行をしていたが、周囲を見ることなく、もう一人の男性警備員ばかり見ていた。 誤った合図をしたとされたが、本人は、通行人にも車両にも明確な合図をしていない。 さらに、女性警備員は、事故後解雇されずに自主退職されています。 そのため、警備業協会は、裁判官の心証が最悪だったことと、女性警備員が検察官の主張を盲目的に認めたことによる不幸な判決だと見ています。 本来、ミスをするような誘導はないはずですので、余計な動作や合図をせず、分かりやすい誘導を心掛けていれば、事故が起きても車両の運転手による過失責任100パーセントになるはずです。

ID非公開

質問者

2020/11/27 19:08

回答ありがとうございました

0

1、警備員の責任を問われることはありますが原則運転者の責任です 2、どうしても警備しなければ危険という場合には責任を問われる可能性はあるという回答 3、警備員には責任ないですよね 罰金などの問われることはまずないです。 警備員に責任があるとされても賠償は会社の賠償責任保険で支払います。 刑事罰という罰金ではよほどの故意でもない限り何もないでしょうね。

ID非公開

質問者

2020/11/27 18:06

回答ありがとう

0

警備員にも責任はあるでしょうが、事故れば運転者の責任は免れません。 常識中の常識ですよ。 警備員を当てにしないことです。

ID非公開

質問者

2020/11/27 17:59

回答ありがとうございます。 そうですよね、警察官みたいに強制力がないので何もできませんし、運転手は目で確認して進むしかないですね