主人が62歳で亡くなりました。亡くなるまでサラリーマンでした。勤続44年。

年金 | 税金、年金71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/30 17:08

その他の回答(3件)

0

現役勤め人としてお亡くなりになったので、年数によらず遺族年金はあります。 「扶養家族」については、税金については無所得者(遺族年金は非課税)なので扶養家族です。健康保険は180万円あるかどうかです(なければお子さんの健康保険で)。国民年金は60歳までは加入して下さい。自ら払う状態に変化します。

0

>勤続44年。 満44年(528ヶ月)になっていれば貰えました。残念。 >遺族年金?などもらえるのでしょうか? 婚姻関係があり、生計を一にしていて、 主の所得が655万以下なら、貰えます。 年額60~120万+中高齢寡婦加算59万ですね。 主が65歳になれば、中高齢寡婦加算が基礎年金に変わります。 今は、国民年金の加入期間を480ヶ月にすることが大事です。 >子供の扶養家族になっても遺族年金などもらえるんでしょうか? 主が亡くなるか、再婚するまで貰えます。